FC2ブログ


いつまで続く

Category: 雑記  

いつまで続くのでしょうか。この猛暑。

残暑お見舞い申し上げます。

飼い主の私は連日の猛暑でバテバテですが、しかし、魚達の方はなんとか元気で居てくれております。


まずは、60センチ水槽。

DSC_0395.jpg

60センチ水槽は毎日10~20リットル換水。足し水2リットル。

比重:1.018 前後。

給餌は一日一回。ホワイトシュリンプ(1ブロック)、赤虫(1ブロック)、冷凍アサリ(3~4個)、配合飼料(金魚の餌 5cc計量スプーンで1/3程)、時々海苔や冷凍オキアミ。

DSC_0407.jpg

マルケサンも食欲旺盛でお腹がぱんぱんになっています。それでも常に餌を探し回っています。アイランドカウフィッシュも90センチ水槽に居た頃より快適になったようですし、餌を探している事が多いです。

DSC_0418.jpg

コンゴウフグも白点虫寄生症も無くなり、身体の色艶もよくなっております。毎日の餌も物足りないようです。


DSC_0404.jpg

60センチ水槽の撮影時(8/21 13:00頃)の水温です。毎日、朝晩 3℃前後の水温変化があります。





90センチ水槽は。

DSC_0428.jpg


毎日、30リットル換水。足し水4リットル。

比重:1.018 前後。

給餌は一日一回。ホワイトシュリンプ(3ブロック)、赤虫(3ブロック)、配合飼料(金魚の餌 5cc計量スプーン2杯)、時々海苔、冷凍オキアミ、冷凍アサリ。


DSC_0429.jpg

どの魚も食欲旺盛で、餌の時間以外にも餌を探し回っています。


DSC_0441.jpg

90センチ水槽の撮影時(8/21 13:00頃)の水温です。こちらも毎日、朝晩 3℃前後の水温変化があります。 90センチ水槽の方が変動が緩いのですが、水温は60センチ水槽より高くなり気味です。




DSC_0430.jpg

90センチ水槽の水槽周り。水槽上部にボードで囲いを作り水面に風が当たりやすいようにしております。

風量設定:日中(朝昼晩)は「中」 深夜は「弱」にしております。(熱帯夜は深夜も「中」)


DSC_0436.jpg

60センチ水槽の水槽周り。こちらは、水槽の周りをボードで囲い、水槽全体に風が当たるようにしております。

風量設定:日中(朝昼晩)は「中」 深夜は「弱」にしております。(熱帯夜は深夜も「中」)


DSC_0439.jpg

この夏は、結局エアーポンプが9台になってしまいました。90センチ水槽用に6台。60センチ水槽用に3台。緊急用に乾電池式を一台(分岐コックで両水槽に酸素供給)


DSC_0440.jpg


という状態で、この夏の水槽を維持しております。


海面の水温も上昇しているようで、台風が多い年になりそうですが、きょうもフエーン現象で気温が上昇中です。この文章を書いている間にも水温は32℃になりそうです。8月いっぱいは猛暑続きとなりそうですが、9月に入ったら一日でも早く涼しくなって欲しいものです。考えてみると、私が幼少の頃は家にはエアコンなんてなかったし、暑い年もあったし、それが普通だったように思う。子供だから暑ければプールや海に泳ぎに行っていましたし、現在のようにエアコンに頼りっきりで快適な時代ではなかった。魚を飼って居るので尚更、エアコン無しでの灼熱猛暑は堪えます。

 
18:00頃の水温です。


DSC_0446.jpg

60センチ水槽の水温。 32.4℃。

DSC_0447.jpg

90センチ水槽の水温。 32.4℃。

まだ上昇を続けております。

18:15時点、日本海に太陽は沈みますので、まだ夕陽が窓から見えています。

日が落ちないと水温は下がりそうもないです。



追記 19:50時点

DSC_0449.jpg

19:00頃の水温

DSC_0452.jpg

60センチ、90センチ共に32.5℃となり、本日の最高水温でした。

19:30過ぎには窓から冷たい風が入って来て室温も下がり始めたので、水温も下がり始めました。

いつもは夜勤なので、日曜の今日は一日の水温変化が分かりました。

それにしても暑い。




 2016_08_21

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2018_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム