FC2ブログ


無念

Category: 90センチ水槽  

今朝、起きて水槽を確認したら、息絶えていました。

書く言葉もありません。


DSC_4620.jpg

DSC_4622.jpg

この先、90センチ水槽では、ミナミハコフグが居る間はコンゴウフグの飼育は困難という事になります。金剛福弐号は健在ですが、成長すると、また同じ結果になる可能性があります。まだ小さいので今のところミナミハコフグから相手にされていません。様子を見ながら早々に避難も検討しなければならないです。

今回の死亡で、プロテインスキマーが泡だっていなかったので、粘液毒は出さなかったと思われます。





 2015_06_22

Comments

 

残念ですね。
僕もハリセンボンとラクダが出回っているので新入居者にとか、考えてましたが喧嘩を考えると。
ハコフグが沢山いると可愛いですもんねーー!
Hironari  URL   2015-06-23 21:41  

 

Hironari 様へ

もっと軽症のうちに避難させると助かったかもしれませんが、
順調に成長していただげに、至極残念でございます。
尾鰭の部位が獲物に見えるのか、その辺りばかり攻撃します。

新たに入れる事は容易ですが、今現在の環境では混泳は見合わせた方が良いでしょうね。また迎え入れる場合は60センチ規格水槽で飼育したいと思います。まだツノの折れた固体は元気なんですけど、今の生活では複数の水槽維持は厳しいので、どうしたものかと悩みは尽きません。

過去に、コンゴウフグ同士の混泳をしていた時にも、気の強いコンゴウフグが同じように噛み付いていました。なんでも。繁殖時にはオスがメスへ産卵を促す為に体当たりしたり、尾鰭の付け根部位を噛み付いたりするのだそうです。
箱福  URL   2015-06-24 02:26  

 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2018_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム