FC2ブログ


近況 2018.4.14

Category: 雑記  

今年の桜は長く咲いているほうでしょうか。4月10日くらいが満開でして今は散り始めました。最近は慣れない仕事に追われて、魚達を良く観察していないのですが、そんな中、アイランドカウフィッシュは3週間、マルケサンバタフライは2週間経ちました。鰭に白点が現れたり消えたりを繰り返しておりますが、今の時点では悪化することは無いようです。

アイランドカウフィッシュは、体色や模様が保護色なので写真を撮っても岩に同化して見栄えがしません。しかし、成魚になるとオス?は青緑色になるようです。前回の飼育ではそんな色合いになるまで飼育できなかったので、今回の飼育では是非とも青緑色に発色した成魚に育ててみたいと思っております。前回は3年余りの飼育でしたが、今回は前回を超える長期飼育と成長期間にどれだけ大きく育てることができるかという事が、今の目標でございます。ただ、性懲りもなく同種の混泳もしたいのですが、前回、混泳させてみてどうなるか、おおよそのことが分かっているので、少々、躊躇しております。



DSC_5307.jpg

DSC_5309_20180414200847c91.jpg

DSC_5316.jpg

DSC_5317_20180414200850c5a.jpg

DSC_5318.jpg

DSC_5330.jpg

DSC_5332.jpg

DSC_5334_20180414200859065.jpg

DSC_5337.jpg

DSC_5340.jpg



ミナミハコフグ(東アフリカ産)は、最近、水面を鰭でバタつかせることを覚えてしきりにバチャバチャさせております。お腹が空くとバタつかせる感じもしますが……。


DSC_5322.jpg

DSC_5323.jpg


ミドリフグは現在4尾。


DSC_5291.jpg

DSC_5292.jpg

DSC_5294.jpg


今は汽水で飼育しておりまして、この先の夏対策で、ミナミハコフグ水槽へ移動させようかと思案しております。という事は、ミドリフグを海水に強制順応させなければなりません。上手くゆくか分かりませんが、対策としましては、ミナミハコフグの居るスリム水槽の比重を1.020~1.018くらいに下げて、ミドリフグの居る水槽の飼育水の比重を、水替えごとに少しずつ比重を上げて、スリム水槽の比重と同じになった時点でミナミハコフグと混泳。その後、様子をみて更に比重を上げるか、そのままの比重で飼育するか検討したいと思っております。

今居る4尾のミドリフグの中の1尾が急成長しており、個体差が出始めました。



 2018_04_14



03  « 2018_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム