前々から、クーラー用の水陸両用ポンプ(パワーヘッド)が煩かったのですが、数週間前からキシミ音を言うか振動音というか、爆音状態になってしまったので、ポンプを交換することにしました。一般的にはインペラーを交換すると振動音が解消するかもしれないのですが、我が家の設置状態では、床に置いているだけなので水漏れ防止に接続部分はシリコーンで接着している為、ほぼ、使い捨て状態となっておりました。まだ動いているし、説明文には、本体は3~4年で交換と書いてあるので新しい品に交換するのは勿体ないのですが、何かしらの事故が起きるのも嫌だし、思い切って交換しました。

で、説明文を読むと振動音の原因は、ホースが長すぎると負荷が掛かって振動音が大きくなることがあるらしいです。最初の設置ではポンプの置き場所を移動しても良いように長めにしておりました。結局、置き場所を変える事はありませんでしたので、この機会に短くしてみました。


DSC_5462.jpg

DSC_5469.jpg

DSC_5471.jpg

DSC_5485.jpg


前もって水陸両用ポンプや接続部品などを注文して取り揃えておいたので、土曜日に吸水パイプやホースの接続や接続部分をシリコーンで防水接着を済ませて置きました。

水抜きをしてから新しいものと交換して、呼び水をして電源入れ。思った以上に静か!。今のところ……。


DSC_5486.jpg

DSC_5499.jpg

DSC_5500.jpg

他の方のブログでも、振動音が煩いと書かれていましたが、このポンプは当たりハズレがあるのか、そういうものなのか分かりませんが、新たに設置したポンプはホースも短くしたのが良かったのか、多少の振動音はあるものの最初に設置した時よりも静かです。半年後、一年後には振動音が大きくなるかも知れませんけど。静かになったのは良かったのですが、今度はスリム水槽のポンプの振動音が気になってしまいました。まだ、我慢できる音なので暫く様子をみて我慢できなくなったら交換したいとおもいます。

あと、他のメーカーのに変更しょうと思ったのですが、水揚げ量だとか見比べた場合、今使っているのと同じ条件に換算してみるとホースの内径が異なってしまうので、仕方なく同じ商品にしてしまいました。



 2018_04_29


昨日の土曜日に2尾目のアイランドカウフィッシュを迎え入れました。前回の飼育では調子に乗って色んな種類のハコフグやカウフィッシュを入れ過密状態で飼育した挙句に、数年の飼育でアイランドカウフィッシュを短命にしてしまいました。それまでの飼育経験で、それぞれ種類の性格が分かったので今回からは、相性の良くない種の混泳は避け、繁殖(可能性は低いかも)を含めた長期飼育に挑みたいと思います。

この先、ハコフグとの混泳としては、レティキュレイトボックスフィッシュとは、前回の混泳で互いが干渉しない事が分かったので、混泳させるかもしれませんが、暫くは、アイランドカウフィッシュの成長を見守りたいとおもいます。

で、2尾目のアイランドカウフィッシュを水槽に入れた直後は、先に入れたアイランドカウフィッシュが、近寄って来て警戒動作を取っておりましたが、威嚇だとか攻撃することはしませんでした。暫くは気になったのか、後から入れたアイランドカウフィッシュの後を付きまとっておりました。一夜明けた今日は、互いが別行動しています。

前回のアイランドカウフィッシュの飼育ですと、幼魚の頃は余り争いはしませんでしたが、成長過程で喧嘩をするようになったので、その点を踏まえて飼育してゆきたいと思っております。


DSC_5393.jpg

DSC_5403.jpg


DSC_5407.jpg

DSC_5411.jpg

DSC_5413.jpg

DSC_5415_20180429201610a33.jpg

DSC_5416.jpg

DSC_5417.jpg

DSC_5419.jpg

DSC_5420.jpg

DSC_5421.jpg

DSC_5424.jpg

DSC_5444.jpg

DSC_5446.jpg

DSC_5449_2018042920165773b.jpg

DSC_5450.jpg

DSC_5451_20180429201700bf5.jpg

大きい方が、最初に入れた個体。小さい方が後から入れた個体です。色合いも異なるので将来が楽しみですが、成長過程で同じ色合いになるかもしれません。2尾とも配合飼料も食べるし、餌付けには困らない種類のカウフィッシュ。

でも、余り人気は無いよう(値段も割高なためか?)で、この度も、入荷掲載後、暫く様子をみておりましたが、私が注文手続きをするまで誰もお買い上げになりませんでした。

余談ですが、動画サイトを観ておりましたら、アイランドカウフィッシュの紹介をしてた動画アップは昨年?の説明文には、日本にこれまでアイランドカウフィッシュが入荷されたのは、僅か、十数匹だとか書いてありました。本当かな?。もっと多いような気はしますが?。




 2018_04_29


今日は、ミドリフグを90センチスリム水槽へ移動させました。換水ごとに比重を上げていたミドリフグ水槽が比重1.016になったので、ミナミハコフグ水槽の比重を1.017まで下げ、ミドリフグを移し、ミドリフグ水槽で使っていた岩(旧ライブロック)やヒーター、外部式濾過槽を90スリム水槽へ設置。魚が居なくなった60センチ水槽は飼育を止める事にして、珊瑚礫は破棄しました。海水魚も色々と飼育したいのですが、最近は、新しい職場での仕事が大変なので帰宅して飯食って、テレビ眺めながら横になっているとバタンキュ~。水槽三本をしっかりと管理してゆくのが難儀な状況なので、思い切って暫くの間、90センチ規格、スリムの2本で飼育してゆくことにしました。正直、今年に入って飼育意欲が低下気味なので、無理しない程度でやっていこうかと思っております。


DSC_5379.jpg

DSC_5381.jpg

DSC_5382_2018042219514513c.jpg

DSC_5383.jpg

DSC_5384.jpg

DSC_5385.jpg


DSC_5386.jpg

このミドリフグが他の個体よりも目に見えて成長が早く、日に日に成長しています。


DSC_5387.jpg

DSC_5389_20180422195154a65.jpg

DSC_5391.jpg

この先、ミドリフグの体調や成長を見ながら、比重を上げてみたいと思っています。少し広くなったので4尾とも大きくなってくれると良いですね。ゴールデンウイークぐらいに移動させようと思っておりましたが、最近の天候は寒暖差が激しく、昨日今日と夏日だったので、急遽、移動させました。

あと、昨日、スリム水槽へ移動させてから、絶食状態だったブルーエンゼル小が力尽きて亡くなりました。


長生きさせてあげられなくて、ごめんなさい。



 2018_04_22

近況 2018.4.14

Category: 雑記  

今年の桜は長く咲いているほうでしょうか。4月10日くらいが満開でして今は散り始めました。最近は慣れない仕事に追われて、魚達を良く観察していないのですが、そんな中、アイランドカウフィッシュは3週間、マルケサンバタフライは2週間経ちました。鰭に白点が現れたり消えたりを繰り返しておりますが、今の時点では悪化することは無いようです。

アイランドカウフィッシュは、体色や模様が保護色なので写真を撮っても岩に同化して見栄えがしません。しかし、成魚になるとオス?は青緑色になるようです。前回の飼育ではそんな色合いになるまで飼育できなかったので、今回の飼育では是非とも青緑色に発色した成魚に育ててみたいと思っております。前回は3年余りの飼育でしたが、今回は前回を超える長期飼育と成長期間にどれだけ大きく育てることができるかという事が、今の目標でございます。ただ、性懲りもなく同種の混泳もしたいのですが、前回、混泳させてみてどうなるか、おおよそのことが分かっているので、少々、躊躇しております。



DSC_5307.jpg

DSC_5309_20180414200847c91.jpg

DSC_5316.jpg

DSC_5317_20180414200850c5a.jpg

DSC_5318.jpg

DSC_5330.jpg

DSC_5332.jpg

DSC_5334_20180414200859065.jpg

DSC_5337.jpg

DSC_5340.jpg



ミナミハコフグ(東アフリカ産)は、最近、水面を鰭でバタつかせることを覚えてしきりにバチャバチャさせております。お腹が空くとバタつかせる感じもしますが……。


DSC_5322.jpg

DSC_5323.jpg


ミドリフグは現在4尾。


DSC_5291.jpg

DSC_5292.jpg

DSC_5294.jpg


今は汽水で飼育しておりまして、この先の夏対策で、ミナミハコフグ水槽へ移動させようかと思案しております。という事は、ミドリフグを海水に強制順応させなければなりません。上手くゆくか分かりませんが、対策としましては、ミナミハコフグの居るスリム水槽の比重を1.020~1.018くらいに下げて、ミドリフグの居る水槽の飼育水の比重を、水替えごとに少しずつ比重を上げて、スリム水槽の比重と同じになった時点でミナミハコフグと混泳。その後、様子をみて更に比重を上げるか、そのままの比重で飼育するか検討したいと思っております。

今居る4尾のミドリフグの中の1尾が急成長しており、個体差が出始めました。



 2018_04_14


今日は、先日のアイランドカウフィッシュと一緒に買おうか迷った末、見送ってしまったチョウチョウウオを結局注文してしまいました。なんて言うんですかね、もやもや感が消えないままでいたので、また飼育する事にしました。無事に今日の午前中に届き、いつも通りの水合わせを済ませ、90センチ規格水槽へ。入れた瞬間ブルーエンゼルに追い回されましたが、それも最初だけで、ブルーエンゼルは追い回さなくなり一安心?。ただ、巻貝とマガキガイを入れた為に予想していた通り、岩や底砂の中に埋もれていたであろう?白点虫のシストが覚醒したようで、アイランドカウフィッシュの鰭や体表に白点が現れました。という状況なので、また暫くの間は白点虫の繁殖の状況をみるために魚の追加は控えます。テングハコフグも入荷したりして、各種ハコフグも入荷されそうですが昨年と同じ事を繰り返さない為にも、よく考えながら飼育してゆきたいと思います。


DSC_5276.jpg

DSC_5279.jpg

DSC_5280.jpg

DSC_5289.jpg

久しぶり、海藻70も買ってみました。ブルーエンゼルも毎日同じエサでは飽きてくるでしょうし、色揚げも期待したりしています。数年前に買ったものが手を付けた(開封した)状態で僅かに残っているのですが、消費期限切れでしょうから新しいのを買いました。Sサイズ一個とMサイズ二個。今、与えている金魚のエサより食い付きが良い感じですが、沈下性で直ぐに沈んでしまうので沈んでしまったものには、あまり見向きしないので、マガキガイなどが食べてくれるでしょう。というより、マガキガイの為に買ったのでした。今回入れた巻貝は藻を食べる勢いが早く、藻だらけだった水槽も日に日に綺麗になってきています。巻貝のエサが無くなるとどうしようか。フコイダンでも添加しようかな……。


 2018_04_01



03  « 2018_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム