新たなコンゴウフグを迎えるにあたり、二週間前に入れたコンゴウフグの尾鰭が何かしらの感染症を患った件で、尾鰭が治癒したらコンゴウフグを追加するようなことを書いたと思います。それで、金魚の飼育も始めた訳で、色々と金魚について検索しておりました。同じ症状を患ったように見える金魚をネットオークションで購入したのですけど。今は何も患わなかったかのように元通りになっておりまして、淡水魚、海水魚ともに魚類共通のようなのですが、鰭先や患部の境目が黒ずむのは「瘡蓋(かさぶた)」と同じようなものであるようです。

話しは戻りまして、コンゴウフグの尾鰭が10mmほど白濁が進行したのち、その患部と正常な鰭の境目が黒ずみました。今は、白濁した患部が朽ちて無くなってしまった部位もありますが、まだ白濁が沢山残っていた時に、境目に黒ずみができたので、その黒ずみ以上は悪化する事は無いと判断しました。患部の境目に黒ずみができなければ尾鰭の付け根まで悪化していたと思われます。



DSC_3036.jpg

DSC_3033.jpg

DSC_3034.jpg

DSC_3039.jpg

DSC_3040.jpg


鰭の場合はヤッコやチョウチョウウオでも感染症や擦れで白濁した後に、その部位が黒ずむ事を確認しております。ですから、感染症治癒の治癒として見極め、予定より早くコンゴウフグの迎え入れに踏み切りました。正式な名称は存じ上げませんが、同じような症状を患った場合の治癒状況としての目安にはなると思います。




 2017_04_16


昨日のブログ記事で、ハコフグ数尾追加と書きました。それで、昨日今日と予定通りハコフグが無事に届きましたので、早速水合わせを済ませ水槽へ放ちました。十数年前に無謀にもコンゴウフグの繁殖を目指そうと120センチ水槽で十数尾混泳飼育しておりました。その時の飼育経験を元に、再びコンゴウフグの水槽内繁殖に挑みたいと思い始めました。しかし、初っ端から様子が違います。水槽内でいちばん大きいコンゴウフグは、後から入れたコンゴウフグ達に執拗に攻撃を仕掛けております。前の飼育ではそういう事は無かったように記憶しております。全ての個体が大きくなってから喧嘩をするようになったので、今回はある意味期待して良いのかも知れません。

いずれにしても、実現?まで数年後の話しでございますが、実現?が夢で終わっても迎え入れたコンゴウフグ達が一年でも長く飼育できるように飼育に励んでゆきたいと思っております。


で、当初、一尾のコンゴウの尾鰭の感染症の事や、まとまったコンゴウフグの入荷が無いという事で思案だけ先行きしておりましたが、日海センターさんに若魚コンゴウが数尾入荷されまして、様子見しておりましたけど誰もお買い上げにならないので、この機会を逃す術はないと思い、まとめて4尾購入。その数日前にチャームさんにもコンゴウ若魚が入荷されていたので、1尾購入。昨日今日と計5尾、水槽入りしました。ただ、チャームさんの個体は思いのほか小さかった。いや、小さすぎた。

DSC_2886.jpg

DSC_2892.jpg
2017.04.15 午前中着。水合わせ中の様子。


DSC_2950.jpg

DSC_2951.jpg
2017.04.16 午前中着。水合わせ中の様子。


昨日今日と、それぞれ、いつもの手順で水合わせをすませました。

チャームさんからの個体は入れた日には餌を食べませんでしたが、一晩明けた今日は餌を食べてくれたので、少し安心。


DSC_2971.jpg

DSC_2977.jpg

\DSC_2979.jpg

DSC_2981.jpg

DSC_2983_20170416143658d94.jpg

DSC_2984.jpg

DSC_2986_20170416143701b74.jpg

DSC_3028_2017041614370232d.jpg

日海センターさんからの個体達はデカコンゴウの吸い付き攻撃を受けて、今のところ1尾が餌に反応しましたが、他の個体は落ち着けば食べてくれるようになるでしょう。

しかし、コンゴウフグって攻撃されてもその場所で固まってしまって、逃げないのです。

この記事を書いている最中でも、デカコンゴウが執拗に攻撃しております。可成り興奮気味。

仕切り板で隔離しようか。

1年後どうなっているかという心配もありますが、迎え入れた以上は努力を惜しまず飼育に励みたいと思う次第でございます。


水温:25℃
比重:1.025
pH:8.0



 2017_04_16



03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム