FC2ブログ


一難去って

Category: 雑記  

エナメル質除去済みのカキ殻を入れた事で、猛威を振るった感染症はほぼ収束したようです。何年か前にカキ殻を入れた事がありましたが、その時はpHが上昇しなかった為にカキ殻を使う事は無くなりました。しかし、今回の一件の感染症でpH上昇商品の品定めをしている時に、試してみたエナメル質除去済みのカキ殻が目に留まり、使ってみた結果、とても良い効果が出て感染症が治癒するに至りました。もっと早く見つけて居ればと思いますが、一度使ってみてダメだと思うと、同じものを試す機会は無くなります。「エナメル質除去」という処理だけでこれだけ効果が異なると思うと、とても複雑な気持ちでもあります。まぁ、考えてみると巻貝にとっては殻が水中に溶け出さないように、エナメル質成分も殻に含ませているのでしょうからね。それに気が付いたメーカーさんは偉いと思う。

改めて、カキ殻を使う切っ掛けとなったのは、西オーストラリアのシェルビーチの話題がWeb上に載っていたのを偶然に見掛け読んで、また試してみようかと思った次第でございます。

お陰で、みんな元気ですが……。

しか~し!。


DSC_2288.jpg

DSC_2299_20170226222505a50.jpg

DSC_2290.jpg

3月6日電線工事の為に停電だってさ。しかも、AM8:00からPM4:00まで。せっかく調子が戻ったというのに、死んだら誰が責任とってくれるんだよ。事前に工事に付きご協力くださいと回覧板持って来たから、当日は、ストーブ付けて携帯エアレーション付けて、工事が終わるまで皆無事で居る事を祈るくらいしかできません。仕方ないので携帯エアレーション追加注文してやったぜ!。くっそ~。

精も根も尽き果てそうな気分。



 2017_02_26

片鰓呼吸

Category: 飼育水  

魚は鰓の通水を良くするために、「あくび」のような動作をしたり、鰓を開きっ放しにして通水を逆方向へ送り込んで鰓掃除などをします。クリーニング行為をする魚介類が居れば、彼らに掃除をしてもらう事もあります。逆に水質の悪化などで鰓に炎症が起きたり、寄生虫が居たりしますと鰓蓋を閉じたまま片鰓呼吸をするようです。

DSC_2263_20170226232438f27.jpg

DSC_2280.jpg

DSC_2271.jpg

DSC_2272_201702262134466ea.jpg

DSC_2276.jpg

鰓を数十秒開けたままにしています。長い時には、鰓呼吸をしたり開けたままにしたり動作を数分間繰り返します。

話しは異なりますが、鰭に粒状の白濁がありますが、寄生虫であれば仔虫が成長して成虫になりますが大きさが全く変わりません。画像を編集しないでRAW画像で拡大してみますと綿毛の様に見えます。よって、鰭の濁りはレンサ球菌や真菌などが付いていると考察しております。大量に換水を続けると消えますが、黄ばみが強くなると現れるようです。コンゴウフグの居る水槽は毎日アサリを3個ずつ与えていますので、栄養塩の蓄積も影響しているのかも知れません。



 2017_02_26



01  « 2017_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。Twitterでも更新しておりますのでご覧ください。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム