FC2ブログ



ハコフグ達は順調です?。今の魚の数では毎日30リットル換水すると、黄ばみは薄れてゆきます。で、相変わらず比重をその時の状態をみて変化させていますが、比重を低めにすると白点が増えます。比重を高めにすると白点は減ってゆきます。比重を低めに戻した理由は、溶存酸素濃度を増やして硝化細菌の活性化を高める為だったのですが、結局、それらの結果を踏まえて比重を1.025前後に戻す事にしました。比重を高くした分、エアレーションを強化した方が良さそうです。

薬剤に頼らない治療という趣旨で飼育していますので、毎日の水替えで常に清涼な飼育水に保つ事で、飼育水中の寄生虫や病原菌の密度を制御できるという確信に近づいていると思います。黄ばみなどは活性炭でも取れますが、飼育水の劣化を防げるものではありません。水槽の水量の半分以上の大量換水も、過去にそれが原因で体調を崩して死なせたしまった事があり、その時の後悔が今も頭から離れませんので、大量換水もしません。月一の換え水ですと、その間は寄生虫や病原菌が蔓延する事になります。換水の間隔が開く程、同じ事が言えます。

日々の黄ばみ具合を見ながら換水量を決めていますので、毎日の換水が嫌になったら、魚を減らすしかないですね。

DSC_7325.jpg

DSC_7327.jpg

DSC_7329.jpg

DSC_7331.jpg

DSC_7336.jpg

「海を切り取る」という表現をされる方々がいらっしゃいますが、写真でいう一部を写すのと水槽という水量で海を再現するのは、まったく違います。写真で海中を写す場合は、膨大な海の中で生きている魚を写すのですから、有害成分とは無縁の状態で生き生きした姿が写っています。水槽という水量での海を再現する場合は、僅かな水量の中で魚は、常に目まぐるしく変化している水質の悪条件の中で耐えながら生きています。「海を切り取る」と言う意味に置き換えるなら、膨大な水量と同じ条件すなわち日々の換水と解釈しております。それでも、海とは程遠いでしょう。





 2016_01_10



12  « 2016_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム