FC2ブログ



ハコフグ達は順調です?。今の魚の数では毎日30リットル換水すると、黄ばみは薄れてゆきます。で、相変わらず比重をその時の状態をみて変化させていますが、比重を低めにすると白点が増えます。比重を高めにすると白点は減ってゆきます。比重を低めに戻した理由は、溶存酸素濃度を増やして硝化細菌の活性化を高める為だったのですが、結局、それらの結果を踏まえて比重を1.025前後に戻す事にしました。比重を高くした分、エアレーションを強化した方が良さそうです。

薬剤に頼らない治療という趣旨で飼育していますので、毎日の水替えで常に清涼な飼育水に保つ事で、飼育水中の寄生虫や病原菌の密度を制御できるという確信に近づいていると思います。黄ばみなどは活性炭でも取れますが、飼育水の劣化を防げるものではありません。水槽の水量の半分以上の大量換水も、過去にそれが原因で体調を崩して死なせたしまった事があり、その時の後悔が今も頭から離れませんので、大量換水もしません。月一の換え水ですと、その間は寄生虫や病原菌が蔓延する事になります。換水の間隔が開く程、同じ事が言えます。

日々の黄ばみ具合を見ながら換水量を決めていますので、毎日の換水が嫌になったら、魚を減らすしかないですね。

DSC_7325.jpg

DSC_7327.jpg

DSC_7329.jpg

DSC_7331.jpg

DSC_7336.jpg

「海を切り取る」という表現をされる方々がいらっしゃいますが、写真でいう一部を写すのと水槽という水量で海を再現するのは、まったく違います。写真で海中を写す場合は、膨大な海の中で生きている魚を写すのですから、有害成分とは無縁の状態で生き生きした姿が写っています。水槽という水量での海を再現する場合は、僅かな水量の中で魚は、常に目まぐるしく変化している水質の悪条件の中で耐えながら生きています。「海を切り取る」と言う意味に置き換えるなら、膨大な水量と同じ条件すなわち日々の換水と解釈しております。それでも、海とは程遠いでしょう。





 2016_01_10


金魚や錦鯉なんかは上から眺めるものらしいですが、熱帯魚(淡水性)や海水魚なんかは横から眺めるのが普通?。海釣りなんかで堤防などに行くと上から見下ろせますが、目的が違う訳で・・・。海水魚もたまには上から見るのも新鮮な雰囲気になります。エアレーションによる塩ダレとその影響で、ガラス蓋に苔(珪藻)がびっしりと付いて、青い照明なのに光線も黄緑色になっていましたので、昨夜、ガラス蓋を洗ったので今夜は上から魚達を写してみました。しかし、真上から写したかったのですが、なかなか思うように撮らせてもらえません。

DSC_7300.jpgラクダハコフグ。

DSC_7308.jpgラクダハコフグ。

DSC_7315.jpgミナミハコフグ。

DSC_7317.jpgミナミハコフグ。

DSC_7303.jpgアイランドカウフィッシュ。

DSC_7310.jpgスクロゥルドカウフィッシュ。

DSC_7318.jpgスクロゥルドカウフィッシュ。

DSC_7319.jpgスクロゥルドカウフィッシュ。

DSC_7316.jpgマルケサンバタフライ。

DSC_7307.jpgクイーンエンゼルフィッシュ。

クイーンエンゼルは人懐っこくなってきました。ただ餌が欲しいだけだと思いますけど・・・。


色んな方向から見る事で普段気づかない事に気付く事もあります。今夜はレンズの前を通過した魚だけを写してみました。海水魚も見方を変えるだけで、より面白くなります。上から眺めて喜んでいるのは私くらいかも・・・。(^^; 





 2016_01_07

明日から

Category: 雑記  

長~い年末年始の連休も今日まで。明日は仕事初めでございます。休み中に、餌の配分とか換水の頻度とか諸々考えていたのですが、今年も餌をじゃんじゃんやって水替えもどんどんやって、でっかくなってもらいたいのですが・・・。

DSC_7244.jpg
今年からはホワイトシュリンプを主食にしてみます。一回の給餌に4個~8個(ブロック)か、朝晩2個~4個ずつ(計4個~8個)与える予定。与え方は食べ具合を見ながら一個、二個・・・と、中に落としてやります。ブロックをそのまま放り込むか、溶かしてシュリンプだけを与えるやり方がありますけど、ほぼ毎日換水するのでそのまま放り込んでいます。

DSC_7250.jpg
放り込むと即座にブロックを追いかけます。凍ったブロックなので吸い付いていますが、冷たいんでしょうね。そう意味では溶かしてから与えた方が良いのかもしれません。

DSC_7253.jpg
ブロックに執着したり、ほぐれたシュリンプを追いかけて食べたり。

DSC_7255.jpg
8個入れても数分で無くなってしまいます。

DSC_7261.jpg
8個でも物足りない感じで、もっと有るか探し回ります。

DSC_7274.jpg
で、冷凍餌を食べ尽したところで、人工餌を与えます。この休み中はホワイトシュリンプと金魚の餌だけを与えていました。時々、ホワイトシュリンプを与える前に海藻70を適量与えていました。手持ちの海藻70が無くなったら海苔を与えようと思っています。海苔はハコフグ達も喜んで食べてくれます。食い付きが良いモノから与えますと、好まない餌は食べないので、手順としては、海苔→人工餌→冷凍餌を基本としておりますが、選り好みしない場合は人工餌と冷凍餌は逆にする事もあります。その時の状況で判断しております。

DSC_7277.jpg
浮遊性の人工餌は最初は水面に浮いていますが、少し水分を含みますと水中を漂うようになり、それをヤッコやハコフグ達が追いかけて食べています。

DSC_7285.jpgハコフグ達も必死に追いかけて食べていますが、小粒の餌の場合はキャッチが下手なので思うように口に含む事が難しいようですけど、そこは甘やかしてはいけません。カーニバルと言う人工餌も与えていたのですが、口よりも大きいので食べ散らかしが余計で、暫く与えるのを控えています。与える場合は量を加減して与えるしかないですね。

DSC_7286.jpg
粒が小さいので冷凍餌より摂餌時間がかかりますが、ヤッコが食べ残したものはハコフグが食べてしまいます。浮遊性のものを多く与えているので、お腹が空くと水面を眺めるようになります。

DSC_7293.jpg食べ残しが無いように与えますが、暫く食べられずに浮いている餌は水分を含んで膨らんでしまいます。余り水分を含みすぎると味が薄れるのか食べなくなります。

DSC_7295.jpg
最後はハコフグ達が全部食べてくれます。

時には、冷凍餌を減らす場合もあります。が…。

こんな調子で餌をじゃんじゃん与えて、水替えをどんどんやっていますが、こんなんで良いのかなぁ~!?


明日からも、張り切って換水に励みまぁ~す!。






 2016_01_05

巻貝

Category: 雑記  

巻貝も今は色んな種類の巻貝が販売されていますね。昔は巻貝を総称して「シッタカ」で流通していたように思いましたが。今はお店によっては、それぞれの巻貝を、明確に種類分した名前で売られているようです。うちの水槽では、今まで短命になる事が多かったです。最近なって短命になる原因が分ったような気がします。それまでは死んだら補充を繰り返していました。巻貝って長く飼っている方は長期飼育記録としては、どれくらいの期間、飼育を続けておられるのでしょう?。

DSC_6233.jpg

DSC_6234.jpg

自分の手でガラス面の苔取り掃除をしないのは、巻貝の餌がなくなるという理由もあります。自然界ですと苔の他に微生物なんかも一緒に捕食しているのでしょうね。意外と水質にも敏感な巻貝ですが、水質の良し悪しを見るうえでの目安になります。マガキ貝も6匹居ますが、我が家の水槽としては思いのほか長生きしています。



ハコフグの話題も少し。

DSC_6235.jpg

最近はどの東アフリカ産ミナミハコフグの各鰭も黄色味が強くなりました。

アサリなどの二枚貝を生きたまま入れておくと、口でこじ開けて食べてしまいますが、巻貝は突っ突く事はあっても食べるまではしないようです。昔、家を数日空ける時には人工餌の代わりに、生きたアサリを入れておいた事を思い出しました。




 2016_01_05

これから先は

Category: 雑記  

マリンアクアリストの方々のブログを拝見していますと、皆様、思い思いの考え方、やり方で楽しんでいるご様子ですね。年頭に書きました通り、今年は新たな海水魚の購入は控える(まったく買わない訳ではありません)と、決めましたので、魚達も、幼魚からの飼育とは違い、若魚になってしまっているので、それ程の変化はなかろうと思いますし、特別な不具合が無い限り、日々水槽の変化も無いでしょう。むしろ有る方がおかしいのです。日課としている、給餌とほぼ毎日の換水と定期的な水槽器具の掃除をしていれば、順調に成長してくれることでしょう。


DSC_7204.jpg

DSC_7205.jpg

DSC_7206.jpg

DSC_7207.jpg

DSC_7215.jpg

DSC_7223.jpg

ハコフグ達も細かい事を言えば、個体ごとに成長具合が違いますし、性格も違っています。多分に写真だけでは性格までは伝わらないのが残念です。この辺りは、動画の方が有利なのでしょうね。東アフリカ産ミナミハコフグは、今年もまだ婚姻色も表れないでしょう。クイーンエンゼルとブルーエンゼルを入れた事で、いつもアイランドカウフィッシュを攻撃していたスクロゥルドカウフィッシュが、攻撃しなくなりました。ミナミハコフグは相変わらず喧嘩が絶えません。クイーンエンゼルも水槽に馴染んできたのか、摂餌量も多くなってきましたが、ところどころ体表にうっ血が表れては消えています。軽い感染症を患っていると思われます。免疫力を高める為に敢えて治療はしませんが、比重や水温、換水量の調整を検討した方が良さそうです。

あと、冷凍餌も送料の関係でまとめ買いをしましたが、今回の注文からホワイトシュリンプのみとしました。赤虫の方が食い付きは良いのですが、飼育水の黄ばみが早い様な気がしていますので、一旦、赤虫の給餌を控えてみて、飼育水の黄ばみ具合の違いを確かめたいと思っています。黄ばみと言えば、配合飼料も原料表示を見ると同じメーカの場合、品名は違っても殆ど原料が同じなんですよね。だったら安いのでいいんじゃないのって?、思うし・・・。匂いや口当たりの違いとか大きさで食べやすいとか食べにくいとか、色々とあるのでしょけど。意外と安価な餌の方が食い付きが良かったりします。


それと、ブログの画像ですが、保管できるアルバムに枚数制限がありますので、過去の記事の画像を不要なものから削除します。無料プランの場合は、そうしないと新しい画像を貼れません。私の貼った画像を保管している方もいないと思いますし、何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。




 2016_01_03

今年は

Category: 雑記  

今年の海水魚飼育は、ハコフグ達を2倍の大きさにする。2倍の大きさにしたい。2倍と言ったら20センチ超えてしまいます。ん~?。どうかなぁ?。せめて15センチ超えには成長させたいですね。あと、魚(高額種)の衝動買いは控える。その分を水槽用クーラー貯金をする。要は現状維持で海水魚飼育を楽しむ。魚を追加する事で先住魚を失っては、なんの意味も無い。海水魚蒐集はしない。

海水魚飼育の楽しみ方は色々ありますし、高額種や珍種、希少種などを飼うだけが飼育の楽しみではないので(本当は飼いたいけど)、私の目指す、水槽内繁殖ができる環境に少しでも近づける飼育をする1年にしたいと思います。

DSC_7158.jpg

DSC_7159.jpg

DSC_7160.jpg

DSC_7162.jpg

DSC_7182.jpg

DSC_7197.jpg

もう一つの課題はクイーンエンゼルとブルーエンゼルの体色維持または青味色上げを試みたいと思っています。他のマリンアクアリストのブログなどを参照しますと、既に実験して結果を出している?方々もいらっしゃるようですが、それらのブログを参考にしてみたいと思案しています。しかし、「釘」は使いません。
 2016_01_01

謹賀新年

Category: 未分類  

謹んで新年のお慶びを申し上げます


DSC_7039.jpg


平素のご厚情を深く感謝致しますとともに
皆様のご健康とご繁栄をお祈り申し上げます
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

平成28年 元旦                             
                                        箱福







 2016_01_01



12  « 2016_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム