FC2ブログ



毎日、日課の換水と餌さやり。休日は換水以外の掃除などで最近は順調に飼育できています。なので、特別な話題もないのですが、今日は魚の睡眠について少し書きたいと思います。魚も暗くなれば、眠ります。眠るという事は脳を休めるという事なのですが、陸上の生き物であれば寝床でじっとして眠れますが、魚の場合は泳ぎながら眠るか、何かに身体を固定して眠るようです。泳ぎながら眠るという事は、脳が起きているのでないの?と思われとおもいますが、泳ぎながら眠る魚は右脳と左脳を交互に休めているのではないか、と言う事だそうです。


水槽の中でも例外ではなく、その魚によって眠る場所を選んでいるようです。

まず、コンゴウフグの場合は岩穴に入らず特定(お気に入り)の場所でホバーリングしています。
DSC_4738.jpg

DSC_4731.jpg

DSC_4733.jpg


ミナミハコフグやラクダハコフグ、アイランドカウフィッシュなどは、岩穴などに入ったり物陰に隠れるようにしています。
DSC_4732.jpg

DSC_4742.jpg

DSC_4743.jpg

DSC_4740.jpg

DSC_4741.jpg

DSC_4744.jpg


テングカワハギは背鰭と腹鰭を使って物に固定して眠ります。キンチャクフグの仲間も岩などに身体を密着固定して眠ります。
DSC_4748.jpg

DSC_4749.jpg


各画像は、撮影の為にフラッシュを焚いているので、明るく写っていますが、実際は夜の消灯後に撮影しました。目の瞳孔が丸くなっていますので、睡眠モードである事を裏付けます。

自然界ですと、日没から日の出までの時間帯は寝ているのですが、水槽飼育の場合は、人間の生活に合せた睡眠となってしまいがちですが、魚にも十分睡眠をとらせてあげたいものです。








 2015_08_20



07  « 2015_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム