FC2ブログ



熱帯性海水魚の飼育を始めてから今年で16年目となります。それ以前には魚釣りが好きで小学生の頃から、海釣りに良く行っていました。その海釣りで釣った魚をバケツで生かしておいて、当時は枠がステンレス製の60センチくらいの水槽だったと記憶しておりますが、その水槽で期間限定(当時はヒーターが無かったので冬は飼えない)を飼っていました。あと、漁師さんの網に掛かっていたカニやヤドカリを貰って飼ったりもしましたし、父親が投網で獲った魚なども水槽に入れていました。当然、その頃は小学生の私には海水の素など手に入る訳もなく、週一に最寄の海(3kmほど)まで、自転車で一升瓶数本持って海水を汲みに行ったものでした。我が家は日本海側なので熱帯性の魚ではなく釣れるのは食用とされる魚が主です。今では、地球温暖化で海水の水温も高くなり、冬でも熱帯性の魚などが越冬しているなど、新聞やテレビのニュースで見聞きします。そのような飼育と言うより、数ヶ月間生かしておくと言った方が良いかも知れませんが、40年程前から海水魚を飼ったりしておりました。あとは、昆虫採取やカニやアメリカザリガニなどを獲って飼ったりと、とにかく何かを飼うのが好きでした。しかし、二十歳を過ぎると別の趣味に没頭しておりました。


時が過ぎて、1998年頃だったでしょうか。ホームセンターなどでも熱帯魚を扱うようになり、我が家で淡水性熱帯魚を飼う事になり、グラミーやディスカスの飼育を始めます。こうなると、やはり色んな魚を水槽に入れたくなる病が出始め、熱帯魚店廻りがする様になります。そこでルリスズメを見ることになった訳ですが、色合いの発色は淡水魚とは比べ物にならないくらい鮮やかで、コバルトスズメの別名を持つ澄み切ったコバルト色。そんな魚を見て飼わない訳がありません。最初は60センチ規格水槽で底面濾過で飼って見る事したのですが、その時点では生物濾過の重要性をまだそれ程認識しておらず、淡水魚飼育の感覚で飼育していました。その後、誰もが最初の経験する難関にぶち当たります。そして熱帯魚情報誌や海水魚飼育書などを買いあさります。更に時が過ぎ2000年の春頃、運命のコンゴウフグと出会う事になりました。当時、廻っていた数件の熱帯魚店の内の一軒で5cmほどの幼魚を目にします。昔、テレビで見た事のある面白い形の魚が水槽に泳いで居るではありませんか。「ヘぇ~」この魚も売ってるんだと思って暫くコンゴウフグを見ていました。でも、その時は買わずに店を後にしました。しかし、毎日、あのコンゴウフグが頭から離れません。数日後、店に行ってコンゴウフグを買って来ました。水槽は珊瑚礫を敷き詰めていたのですが、エアリフトでやって居たのですが、設置してから3ヶ月ほど経過した水槽でした。その水槽に入れて10日で死んでしまいました。また熱帯魚店に通って数週間後にコンゴウフグを買ってきて入れます。今度は3日で死んでしまいました。まぁ、知識が無ければこんなものです。で、熱帯魚店の方に聞いてみると底面濾過ならパワーヘッドでなければダメと言われます。パワーヘッドだと水槽内が活性化するとの事だったので、エアリフト式からパワーヘッドに替えました。懲りずに3尾目を入れます。お店の方に教えてもらった通り、水槽内が活性化したのでしょうか。この固体は順調に生きていました。が、順調になると他の魚も入れたくなる病が出始めます。すると…、そうです。白い点々病が。。。当然、水槽内に白点虫寄生症が蔓延する事になる訳ですが、治療法を水族館や水産試験場に問い合わせた事もありました。ハコフグ飼育の始めた頃はこんな感じでございました。



時は変わり、それなりの知識も身に付きコンゴウフグの繁殖を目指そうと、沢山のコンゴウフグの飼育を始めます。ネットでの情報交換は2003年頃から始めましたが、この頃はHPからブログへ変わりつつある頃でして、コミュニティーサイトが普及しておりました。以下の画像は2007年頃に撮ったものです。当時は120センチ水槽と60センチワイド水槽を2本と小型水槽を数本で熱帯性海水魚飼育をしていました。2007年前後がいちばんハコフグ飼育に夢中だったと思います。120センチ水槽にコンゴウフグを12尾くらい入れて居たと記憶しています。(ちょっとうろ覚え)

sh_2007_31.jpg
20センチほどに成長したコンゴウフグ達ですが、泳ぐ姿は編隊を組んで飛んでくるヘリコプターのようでした。

sh_2007_32.jpg

sh_2007_33.jpg

sh_2007_34.jpg

sh_2007_35.jpg
お気に入りだったショートノーズ・ボックスフィッシュです。


10年間、底面式フィルターを設置したままにしておいた120センチ水槽です。画像にも写っていますが、底から飼育水が滲み出てきてティシュを挟んで毎日交換いていました。そういう事情もあり120センチ水槽は畳んでしまう事になりました。10年間、底面式濾過のフィルターを弄らなかったのですが、水槽を畳むにあたり底面式フィルターを取り出して裏側を見た途端に驚愕してしまいました。10年放置するとこうなるのか………と。


このカテゴリーでは過去の飼育の思い出などを書いてゆきたいと思います。









 2015_02_22



01  « 2015_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。Twitterでも更新しておりますのでご覧ください。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム