今までになく、水槽に変化が起こっております。今度はオーバースキム発生。日付が変わりましたが、昨日26日起きて水槽を確認する為に近付いて行くと真っ先に目に入ったのがプロテインスキマーのカップの中が飼育水でいっぱいになって、カップに溜まった飼育水がエアーチューブに吸い込まれパワーヘッドに戻っていました。海道達磨はカップが汚水で満タンになると溢れ出る前にエアーチューブに吸い込まれパワーヘッドへ戻ってしまいます。なので、外へ溢れ出る事はありませんでしたが、前日、半分と三分の一くらいしか溜まっていなかったのですが、一晩で溢れ出そうになっておりました。

もしかして、と思い魚の数を確認するとみんな元気に泳いでおりました。と、いう事はハコフグが粘液毒を出した訳でもなさそうです。ルリスズメダイとニセモチノウオも生きておりました。水槽も濁っていなかったし、粘度のある添加剤なども入れておりません。

DSC_3989.jpg

DSC_3991.jpg

DSC_4000.jpg

DSC_4002.jpg

DSC_4005.jpg

DSC_4008_20170727022715906.jpg

即座に2台の海道達磨の電源を切って、カップを洗って来て設置した後も泡が勢いよく舞い上がってきます。会社から帰宅してカップを確認したら、泡の出方も落ち着いておりました。さて、何が原因だったのでしょう。

水槽内も異常気象が原因なのかな?。




 2017_07_27


今日は、90cm規格水槽に設置している外部式濾過槽4台中、残りの2台を新品と交換作業をしました。色々と下準備したまでは良かったのですが、送水、吸水パイプを接続しようと仮設置して重大な事に気が付きました。ななんと、バルブタップを送水、吸水を逆に取り付けておりました。しかも、ですよ。2台ともです。何で勘違いしたのでしょう?。連日猛暑続きで頭がおかしくなっているのか?。最初に2台設置した濾過槽は問題なく設置しました。一応、設置時には送水吸水の穴の大きさが違うので、間違わないように気を付けて取り付けたと思い込んでいたのです。いつもはバルブタップの穴の大きさを確認するのですが、今回に限り、モーターヘッドに付いているバルブベースを見て取り付け作業をしていたのです。ここで、確認し直し錯覚した事に気付きます。送水側は穴の径が多き方、吸水側が穴の径が小さい方なのですが、バルブベースに限って、本体側の基部とねじ込み部分の大きさが逆転しております。昨日は何の疑いも無くバルブベースの基部を見て取り付けてしまっていたのです。

予備は持っていますが、旧式のタイプなので色違いになってしまいます。気にしなければ使えますが、仕方なく取り外す事に。しかし、シリコーンで固めてしまったので、しっかりと接着されております。ただ、固まったと言ってもシリコーンだからカッターナイフなどで取り除けますから、取れるところまでシリコーンを剥がして強引に取り外して送水と吸水バルブタップを付け直しました。それが14時のこと。付け直し作業を終えてシリコーンが固まるまで放置して夕方に1台設置して夜に残りの1台を設置しました。


DSC_3935_20170718102635b9a.jpg

DSC_3940_20170718101256460.jpg

取り付け作業時はしっかり確認しましょう。って、間違うのは私くらいかも?。シリコーンで固定しなければ交換作業は簡単なんですけどね。シリコーンで固めたばかりに余計な手間を掛けてしまいました。




DSC_3910.jpg

DSC_3912.jpg

DSC_3914.jpg

DSC_3916_20170718020802cd6.jpg

DSC_3918.jpg

DSC_3922.jpg

DSC_3925_20170718020806734.jpg

DSC_3927.jpg

DSC_3933.jpg


濾過槽を水槽から外して中を見たら濾材に使っていた珊瑚礫が2台とも粗目(LLLサイズ)でした。珊瑚礫のLLLサイズを追加購入しましたが、結局、今まで使っていた珊瑚礫を濾過槽に入っていた飼育水で軽く洗って使い回ししました。小さめの珊瑚礫も混じっていたので、全部大きい珊瑚礫に交換しましたが、新たな珊瑚礫は殆ど使いませんでした。せっかく水洗いしたので、次の日曜日にでもスリム水槽の濾過槽に入れ替えようと思います。

最近、物忘れが多くなってきたし、些細な間違いが多いけど、ん~?。

頭がおかしい?。元々おかしいけどね。


設置後、魚達が案の定、吻を仕切りに岩などに擦っています。

なんか、嫌な予感が……。

ま、色々ありましたが、無事?に取り付け作業完了。

次回の濾過槽掃除は3年後。水漏れしなければ……。




 2017_07_18


先週から梅雨明けしたよな猛暑続きとなっております。皆様方のハコフグ達はお元気でしょうか。今年は、年明けの水漏れ事故から始まり、スリム水槽のハコフグ全滅事件。先月には90cm規格水槽の濾過槽の水漏れ多発事故。水槽濾過装置は消耗品ですので、耐久年数を把握しておかないと大変なことになってしまうという事を、今、実感しているところでございます。

事の初めは90㎝濾過装置の内の1台の送水パイプから飼育水が出ていない事に気付きます。原因は濾材が目詰まりして通水が止まっていたと思い、それを解消させる為に通水している他3台の外部式濾過槽も合わせて4台を揺さぶったところ、止まっていた1台の濾過槽も通水はしたのですが、モーターヘッドと濾過ボックスを組み合わせる為の水漏れ防止のOリング(パッキン)の位置がズレたのか、4台とも水漏れしだしました。

先週、水漏れの酷かった2台を新品に交換。水漏れした旧濾過槽の1台をスリム水槽に使おうとOリング交換してみましたが、時間と共に水漏れしだしましたので、止む無く使うのを止めました。補強やパーツ交換しながら使おうと思いましたが、大量の床上浸水になったしまったら、海水ですので後の始末が大変。拭き取っても乾くと塩の結晶が浮き出てきます。そんな事を思いながら、大惨事になる前に90cm水槽の外部式濾過槽を思いきって全部交換する事にしました。

明日の日曜日に濾材に使う珊瑚礫(LLLサイズ)と一緒に、もう2台届く予定です。

この度、注文した同じ(シリーズ)濾過装置で12台目でございます。(内SV12000/SV1200Xが計9台、SV9000/SV900Xが計3台)


DSC_3836_20170715171812553.jpg

先週の土曜日に新品2台届きました。


DSC_3859_20170715171818236.jpg

このコトブキの外部式濾過槽は、見た目にシンプルでデザイン的にも見栄えの良い濾過槽ですが、送水、吸水パイプの厚みが薄く、水流の勢いも良い割には、こんなに薄い作りで大丈夫なのかと心配になってしまいます。メーカーでも耐久実験はやっていると思われますが、メーカーが想定する事と実用しているユーザー側の設置条件が異なると、破損事故が起こる事もございます。実際、数回、送水、吸水パイプが亀裂が入ったり折れたりして水漏れした事がございました。それ以降、シリコーンでコーキングして補強して使うようにしております。


DSC_3839.jpg

DSC_3840_20170715171815179.jpg


ここまでやらなくても大丈夫と思われる方々もいらっしゃるかもしれませんが、水漏れしてしまうと、モーターヘッドで循環しておりますので、噴射して水槽の飼育水が全て無くなって床が水浸しになってしまう事も予想されます。ですから、これくらいの強度を持たせておかないと安心して仕事にも行けません。付属の送水、吸水パイプも、せめて、水道用の塩ビパイプくらいの厚みは欲しいところでございます。

DSC_3850_20170715171817d59.jpg

DSC_3871_201707151718196af.jpg

DSC_3890_201707151718224a2.jpg


Oリングを交換してみましたが、水漏れが直りませんでしたので濾材を取り出して、放置しております。濾過ボックスは予備として取って置けますが、モーターヘッドからの水漏れがあるようでは使いものにはなりません。モーターヘッド自体はまだ問題なく稼働するのですが、このメーカーのOリングは硬化(劣化)が早いようで、本体の内部に使われているOリングも同じく硬化(劣化)しても交換不可なのか、交換部品が説明書や通販店のリストを見ても見当たりません。となると、耐久年数は早くて3年程となりましょうか。

「外部式濾過槽」「水漏れ」で検索しますと、同じような水漏れ事例が多い事が分かりました。

水槽用のモーター器具は、1年稼働で洗濯機の10年分に相当するそうで、仮に3年稼働させていると30年分と言う事になりますから、消耗品と考えると仕方ないのかも知れません。ちなみに、クーラー用に買った通水ポンプは2年で交換してくださいと説明書に書いてありました。

先週、設置した濾過槽は2台共、新しい濾材に交換しました。明日届く予定の濾過槽には今まで使っていた、珊瑚礫(LLLサイズ)がバスケット何個分かに入っておりますので、捨てる飼育しで軽く汚れを落として使い回ししようかと思っております。残りは新しい濾材(珊瑚礫LLLサイズ)を使う予定です。


DSC_3878_20170715171821526.jpg


話しは変わりますが、クーラーを設置して24℃を維持しております。マルケサンバタフライにとっては快適な環境になったのか、毎日猛喧嘩するようになり、先日、一尾が亡くなっておりました。多分、喧嘩負けしてしまったのだと思います。ペアで買った個体達でしたが、結局、オスメスのペアではなかったようです?。どの種も自然界で群れていても水槽内では生存競争に変わってしまいます。

今年、上半期の水槽状況は不運続きでした。この先の下半期は初心に戻る気持ちで、今後の飼育方針を思案したいと思っております。スリム水槽と60cm規格水槽は魚は入っておりませんが、水槽は回しております。せっかく、クーラーも設置したので止める訳にはゆきませんので、この機会にしっかり考えたいと思います。

また、スリム水槽でハコフグ達が元気に泳げる日が来るまで……。



 2017_07_15


毎日蒸し暑いです。梅雨前線が停滞しており、今週は雨が続くようです。とにかく蒸し暑い。魚達はクーラーのお陰で快適のようです。飼い主の私は涼しいところに移動できますが、飼われている魚達は強いられた環境でしか生きて行けないのですが、今年は順調にゆけば24℃~25℃で過ごせるでしょう。8月は1℃上げて25℃~26℃で過ごしていただきます。(予定)

今現在は24℃~25℃を維持しております。水槽を触ると24℃ってこんなに冷たいのって感じます。冬は逆に、こんなに暖かいのって思います。体感温度って周りの環境で感じ方が違うのですね。

さて、
スリム水槽の魚は居なくなるし、90cm規格水槽の濾過槽は目詰まりしてしまうしで、毎日の水替えばかり専念していても他の管理が疎かになっておりました。それで、この機会に、濾過槽の濾材の見直しをする事にしました。数ヶ月に一回とか定期的に濾材の掃除をしていれば問題ないのでしょうけど、私の場合は年単位でしか濾材掃除をしない事にしております。外部式濾過槽にしてから何度か(数回)濾材掃除はしましたが、濾材を取り出すのに濾過槽から飼育水の抜く作業から始まり、床に飼育水をこぼさないように上手く取り出すのがとても厄介で面倒なので、正直、出来るだけやりたく無くないのです。

で、
底面濾過でやっていた時に、濾材として粗目(XL)サイズの珊瑚礫を使っていましたが、それを外部式濾過槽2台には入れていますが、他の濾過槽にはLLサイズの珊瑚礫とセラミックリング濾材を入れていて、LLサイズの珊瑚礫は、放置状態ですと3年で目詰まりしてしまう事が分かりましたので、大きい外部式濾過槽は全て粗目(XL)の珊瑚礫に入れ替える事にしました。取り敢えず、粗目(XL)15㎏を注文しまして、今日の午前中に届きました。今回注文した販売元では「LLLサイズ」と表記されております。販売元によっては「粗目」、「XL」または「〇番」と表記されているようです。珊瑚礫の大きさは和菓子の「かりんとう」くらいの大きさです。

一昔前、魚飼育が主流だった頃は、オーバーフロー水槽の濾過槽にはこの大きさの珊瑚礫を使われている方々が多かったようです。

DSC_3823.jpg

DSC_3826_20170702221720a36.jpg

一応、濾材交換の予定としては、半年ごとに一台ずつ外部式濾過槽の濾材を取り出して、新しく買った粗目(XLサイズ)の珊瑚礫に交換します。スリム水槽では濾材の洗浄をして使い回しした為に病気が発症した可能性も高いので、新しい珊瑚礫の交換は病原菌や病原虫が覚醒するのを防ぐ狙いがあります。取り出した濾材は勿体ないので、他の用途に使う事にします。

来週は連休なので、90cm規格水槽の目詰まりした濾過槽の濾材交換をする予定です。時間に余裕があれば、スリム水槽の方の大きい外部式濾過槽の濾材も交換しようと思っております。数ヶ月前に設置したばかりですが、後々の事を考慮して、魚が居ない今の内に目詰まりし難い珊瑚礫に交換して置こうという考えでございます。

最初っから粗目の珊瑚礫を使えば良かったのではと、突っ込まれそうですが、ハコフグ飼育再開を機に選択した外部式濾過槽自体の使用が初めての事でしたので、2台には粗目と、残り2台はLLサイズ(小さ目)の珊瑚礫を使ってみました。



さてさて、
クーラーの設定温度を25℃にしておりますが、実質、水温計は25.2℃~23.7℃を上下変動しております。それで、おおよそ24℃台を維持している訳ですが、濾過槽の送水パイプと給水パイプの各ホースなどが結露して、雫が落ちている状態です。因みにスリム水槽は28℃設定にしており、29℃~28℃で維持しており、今のところ結露はしておりません。一応、雫対策で床に新聞紙を敷いております。


DSC_3828.jpg

DSC_3833.jpg

DSC_3832.jpg


あと、濾過槽が目詰まりしたので通水させる為に濾過槽本体を揺さぶってみたら、モーターヘッドと濾材ボックスとを噛ませているOリングがズレてしまったのか、翌朝、水漏れしておりました。濾過槽から点滴の様に出て来ていて床が水浸しになっていたので、慌てて床を拭いて濾過槽をコンテナボックスに入れました。最近、水漏れが頻発しておりますので、今後は濾過槽をコンテナボックスに入れる事にしました。多少の水漏れであれば毎日の点検で、床の水浸しは防げると思います。本来なら水漏れしない事を前提に商品が設計されているのでしょうけど、濾過槽を揺さぶる程度で水漏れするのですから、Oリング(パッキン)の嚙み合わせは緩いようです。それで、90センチ水槽に使っている濾過槽4台分のOリングも一緒に注文して購入しました。ついでにインペラーも交換した方が良さそうですが、どうしようかな。

スリム水槽のハコフグ全滅事件以来、飼育熱が冷め気味ですし、水槽管理予算が超過しており他で節約している状態でございます。


DSC_3834_20170702221725579.jpg

90cm規格水槽のハコフグ達にも、まだ白点が出たままの個体と治った個体が居ます。スリム水槽に出た白点とは、陳旧性変化の経過をみても悪化しない事から、病原虫または病原菌の種類が異なっているように考察しております。

スリム水槽の病気は、後から入れたハコフグも同じ症状になって亡くなったので「トリコディナ症」だったかもしれません。症状が進行して悪化すると粘膜が剥がれる症状は「トリコディナ症」しか私は知らないだけですけど。ベネデニアなどのハダ虫でしょうか?。最初は白点がでて2週間後に粘膜が剥がれる症状とは。なんでしょう?。ご存知の方、ご教示頂ければ幸いに存じます。



 2017_07_02


6月に入って朝晩の気温変化が激しい気候となっております。週間天気予報を観ると曇りの日が多くなってきておりますので、月末くらいには梅雨入りかなと思います。スリム水槽の発症原因を考えていて、この気温変化が発症の原因になっていると考え、エアコンの購入は控え、水槽用クーラーを思いきって購入しました。エアコンですと私自身も涼しく居れるのですが、いちばん暑い盛りには仕事に出掛けているし、エアコン付けても扇風機を回して気化熱冷却する必要があります。また、エアコンを先に買うと、この先、水槽用クーラーを買う事はないと思い、今年はクーラーを買いました。

水槽用のクーラーは、ゼンスイと決めておりましたが、ZRシリーズかZCシリーズで迷っておりました。一台だけならZC1000αと決めていたのですが、予算の事もありますしネットで情報収集して悩みに悩んでZRシリーズにしました。で、最初は、電源の都合もあり外部式濾過槽に連結しようと考えていて、これもまたネットで調べてみると冷却効率が悪いという事で専用ポンプを使う事にしました。設置してみて専用ポンプにして正解でした。ただ、水槽に合わせて別々の機種を注文したのですが、同じ機種を2台買えば良かったと思いました。

で、商品は昨日の午前中に届き、昨日今日と一台ずつ水槽に設置しました。中々、接続ホースなどをシリコーンでコーキングしたりして下準備してからの取り付け作業で大変でしたが、今日の午前中には、2台設置する事ができました。


DSC_3744.jpg

選んだ水槽用クーラーと水流ポンプはご覧の通りでございます。


DSC_3757.jpg

DSC_3758_20170618160814885.jpg

接続ホースの内径は指定されたモノを使いましたが、ゼンスイの純正配管セットではないので、使ったホースの内径が少し大きいのか付けた感じがゆるいようで、付属のホースバンドできつく締めても飼育水が滲む様でしたので、シリコーンでコーキングしておきました。なにしろ、正月の水漏れ事件が頭から離れず、念には念を入れコーキングする事にしております。ポンプも水陸両用ですので水槽の中には入れずに床置きして使う事にしました。当然、ホース接続部分にはコーキングしました。メンテナンスを考えるとコーキングしない方が良いのですが、交換パーツも売っているようで後から購入もできますので、敢えて水漏れ対策の方を優先に考えました。

各クーラーを使ってみて分かった事は、スリム水槽の方が稼働が多いということ。という事は、水温変化が激しい事を意味します。水槽は大きい程、熱しにくく冷め難いのですが、冷却の場合は冷却し難く温まり難い事になり、各水槽を設定温度まで冷やしてから、90センチ規格水槽のクーラーが一回作動する時間にスリム水槽の方は、2回作動しております。スリム水槽は90センチ水槽より小型のクーラーですが、設定温度まで冷やすのが早い変わりに水温が上昇するのも早い事がハッキリと分かりました。

その、水温の上がり下がりが今年は極端なので、スリム水槽のハコフグ達が病気を発症したのだと思います。例年ですと、高水温になっても高水温になったままなので、極端な水温変化が少なかったのですが、今年は例年に無く日中と夜間の温度差も極端でした。ヒーターの設定温度を高めにして置きましたが、魚にとっては毎日変動する数度の温度差に耐えられなかったように思います。

取り敢えず小型の方が24℃設定にしました。大きい方は24℃設定にすると設定温度になる前にヒーターが作動して永遠にクーラーが稼働しているので25℃設定としました。それにしても、コトブキのヒーターは23℃設定が下限で、その位置に合わせても水温計が24.5℃になるとヒーターサーモの通電が始まります。買い置きのニッソーのヒーターもあるけど取り敢えず様子見ということで……。


あ、
今日、元気が良かったら紹介する予定だったスリム水に入れたハコフグは体調が悪化しましたので、紹介は見送る事にします。そこで、薬剤等に頼らないなんて言っている状況ではなくなったので、昔、愛用していたヨウ素樹脂抗菌剤を設置してみました。手遅れかも知れませんが、この先の事も考慮して、水槽内を一旦、駆虫除菌しようと思います。





 2017_06_18



06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム