マルケサスバタフライの不調から始まった今年のブログ記事ですが。結局、拒食した3尾が続けざまに逝ってしまいました。昨年の猛暑を乗り切った個体3尾が生き残っております。5ヶ月以上飼育した個体が生き残り1~2ヶ月ほど飼育した個体は亡くなってしまったという状況です。今現在も、生き残っているマルケサスバタフライ達も、まだ完全治癒している訳ではありませんので、体調を快復させつつ治癒させてあげたいと思っております。

特別な治療をする訳ではありませんが、スリム水槽のハコフグ達はとても色艶が良いのです。毎日アサリを与えているだけですが、与えていない90規格水槽の住魚達とは見た目に確実な違いが見られます。で、90規格水槽の住魚達にも毎日アサリを与える事にしました。アサリを与えていると免疫力が向上するようで、体表粘膜の分泌量が多くなり白点虫寄生症なども治癒が早くなります。今回亡くしてしまったマルケサスバタフライ達にもアサリを与えていたら、状況が変わっていたのではないかと今更ながら悔やんでおります。

アサリの与え方としては、最初に冷凍したアサリを解凍しないで殻を開いて、そのまま水槽に放ってやります。アサリを魚達が食べるとアサリの肉汁が水槽内に漂い飼育水が白濁します。その状態下でホワイトシュリンプや配合飼料も与えます。水槽に舞っているアサリの肉汁も僅かならがホワイトシュリンプや配合飼料と一緒に飲み込んでくれるのでは浅はかな期待をしております。配合飼料も飼育水を吸収しますので、この給餌方法を毎日暫くの間続けて行きたいと思っております。

DSC_1887.jpg
ただ、飼って居る魚の数を考えますと、全魚に概ね均等に与えるには一度に与えるアサリの量は10個前後となり、今度は濾過能力が気になってしまいます。が、毎日30リットル換水しておりますので、多分、大丈夫だとは思います。

あと、アサリを与えるとスキマーが爆発的に泡立ちますので、病原菌や寄生虫なども一緒に濾し取ってくれる事を期待しております。

DSC_1850.jpg

DSC_1859.jpg

DSC_1860.jpg

DSC_1861.jpg

DSC_1862.jpg

DSC_1863.jpg

DSC_1866.jpg

DSC_1875.jpg

DSC_1878.jpg

DSC_1879.jpg

今回、死因となった感染症(だと思う)は、抵抗力があれば発症しない常在菌だと思われますので、体力を付けてやる事に専念したいと思っております。

一応、マルケサスバタフライの天然ペアだった2尾は生き残っていますが、体調が良くなると直ぐに喧嘩を始めるので、なんとも複雑の気持ちでおります。

さて、この先はどうなるのでしょう。全て飼い主次第か?。




 2017_01_20


今年は、90センチ規格水槽と90センチスリム水槽の二本で海水魚飼育をやってゆきます。正直、今以上に魚は追加できませんので、暫くの間は新たな魚の追加はありません。その分、今居る魚を大切にしてゆきたいと思っております。水槽を観察して些細な事から魚類学的に幅広く考えれば話題は尽きないと思います。

そんな中、マルケサンバタフライ6尾中1尾が、ちょっと他の個体よりも痩せてきておりまして、やはり同種同士の混泳は優劣が付いて気が強い個体の方が何かにつけ有利になってしまいます。痩せている個体は、縄張り意識が強い個体のようで餌よりも縄張りを守る方に一生懸命なので、餌を食べる前に殆どを食べられてしまいます。餌は食べて居ますが、スリム水槽へ移そうかな……とか考えています。しかしながら、救出するにしても岩陰に潜り込んでしまうでしょう。90センチ水槽へ入れたら最後、飼い込んだ魚達は元気が良すぎて、ハコフグ達以外は岩を全て取り出して雨合羽を着て魚を掬わないと救出できません。あと、ブルーエンゼルも死闘の日々という感じで、チビブルーが追い回されています。が、反撃するものですから身体中が擦り傷だらけになっております。というような事情からも年内の90センチ規格水槽への新魚の追加は考えておりません。

DSC_1679.jpg

DSC_1681.jpg

DSC_1684.jpg

DSC_1690.jpg

DSC_1691.jpg

DSC_1692.jpg

DSC_1693.jpg


90センチスリム水槽にしたことで、60センチ規格水槽が空いたので人工海水の作り置き水槽にしました。

DSC_1694.jpg

今までの45センチ水槽は30リットル程しか作り置きできませんでしたが、60センチ規格水槽にしたことで一回の換水で50リットル程換水できるようになりました。今まで、40リットル換水する場合は10リットル分をその都度、人工海水の素を溶かして使っておりましたが、50リットル作り置きできるようになった事で両方の水槽分の換水がpHも気にしなくて良くなりましたし、魚達にも優しい換水になると思っております。

今年も、可能な限りほぼ毎日換水をする予定でいます。




 2017_01_04


金木犀の香る季節となりました。今年は、私が住んでいる地域としては、例年より少し早い開花の様な気もします。金木犀と言えば甘い香りがほのかに匂って来ますと、何故か幼少の頃を思い出す私です。夜になるとヒーターが作動しますが、昼はまだ水温が上がってしまいます。今日は晴天となりここ数日肌寒く、衣替えをしたのですが少し汗ばむ感じです。

さて、夏場に活躍してくれた扇風機も分解掃除(外枠などは水洗い)をして片付けました。水槽の方はまだ上部は開放したままです。10月も半ばになればガラス蓋も付けられると思います。90センチ水槽に居る魚達は元気すが、60センチ水槽と共に、夏場は1.018程だったのを1.023程にする為に換水ごとに少しずつ比重を上げています。

DSC_0646.jpg

DSC_0650.jpg

DSC_0644.jpg

DSC_0664.jpg

DSC_0665.jpg

DSC_0672.jpg

DSC_0667.jpg

DSC_0682.jpg

DSC_0659.jpg



60センチ水槽のマルケサスバタフライ2尾は食欲旺盛ですが、鰭が白濁しているのと僅かに鬱血が見られるところが少々気になりますが、いまのところ体調を崩す事はなさそうです。餌も制限しているので中々太りませんが、焦らずに少しずつ体調を整えてあげたいと思っています。


DSC_0635.jpg

DSC_0638.jpg

DSC_0641.jpg


年内は60センチ水槽の移動を思案しております。移動後は水槽を少し大きいのに変えたいと思っていますが、まだ、どの水槽にするかは迷っています。

魚の方は、他に色んな魚を飼いたい気持ちもありますが、安定している水槽であれば追加しない方が無難ですが、衝動的に追加してしまうかも???。最近は、高額魚に目移りしているので、おいそれと購入する訳にもゆきませんが、購入した後の維持費の方が高く付きますので、現状維持かな?。

やっぱり私の性格ですと、綺麗な魚より変な恰好の魚とか仕草が滑稽なのとか、風変り?な魚にたどり着くようです。





 2016_10_02


気温も30℃を下回り海水魚に優しい季節となりました。日中は積乱雲もみえますが、夕暮れになると秋ならではの鱗雲が空に浮かんでいます。新潟では稲穂も黄金色(こがねいろ)に色付き頭を垂れ、実った稲穂から稲刈りも始まりました。まだ台風が多い月なのでフェーン現象が起こると気温も30℃を超えそうですが、ようやく夏も終わったと感じる今日この頃です。

まだ一日中、扇風機は回しております。ヒーターも28℃に設定したままです。

先日、クイーンエンゼルを亡くしてしまって水槽内も寂しく感じています。それだけ、存在感は大きかったという事でしょう。


今日の水槽の様子です。

DSC_0525.jpg

DSC_0534.jpg

DSC_0535.jpg


寂しく感じる水槽内ですが、夏を乗り越えた?(まだ安心はできません)魚達は元気に泳いでおります。何気に力関係が変わったせいか、いつもと泳ぎっぷりが変わった魚もいます。



DSC_0543.jpg

ブルーエンゼルもなんとなく寂しそうに見えますが、時々、チビブルーエンゼルを追い回しております。




DSC_0528.jpg

そんな中、(チビ)ブルーエンゼルは気が付けば昨年の9月6日からの飼育ですので一年経過しておりました。いつも、クイーンと大きいブルーエンゼルに追い回されていたせいか、頭皮欠損症が悪化しておりますが、餌も良く食べて元気に泳いでおります。入れた当時はまだ幼魚の縞模様が残っていましたが、今は完全に消えてしまい、成魚らしくなってきました。


DSC_0474.jpg

マルケサンバタフライも同じく昨年の9月6日からの飼育ですので、一年経過と言うことになります。このマルケサンは白点虫?なのか中々治癒しませんでしたが、今は身体に白点は確認できませんが、時々、岩などに吻を擦ったりしています。それでも、背肉も付いて体格が良くなりました。一回り成長した感じにみえ貫禄も付いてきました。このマルケサンは背鰭後方の黄色地に黒地が重なっていますが、その黒地が薄れてきました。60センチ水槽に居るマルケサン2尾も黒地が薄れてきています。



今日の60センチ水槽です。

DSC_0539.jpg

みんな元気です。

アイランドカウフィッシュはクリーニングをしてもらおうと時々マルケサンに近寄って行きます。


この夏は、高水温の影響を心配していたマルケサンバラフライが元気?に生きていますが、大丈夫だろうと思っていたクイーンエンゼルを失う事となり、少し複雑な気持ちであります。それにしても、初夏には今年は猛暑となるとの長期予報通り、今までにない水槽管理を強いられた夏でした。本当に疲れました。亡くした魚達の事を思えば疲れたなんて言えませんね。



90センチ水槽の健在種

ミナミハコフグ(東アフリカ産)×6尾
ラクダハコフグ×1尾
スクロゥルドカウフィッシュ×1尾
ブルーエンゼル×2尾
コラーレバラフライ×1尾
マルケサンバタフライ×1尾
ニセモチノウオ×2尾
ルリスズメダイ×1尾


60センチ水槽の健在種

コンゴウフグ×1尾
アイランドカウフィッシュ×1尾
マルケサンバタフライ×2尾


今年になって死なせてしまった魚

アイランドカウフィッシュ×1尾
スポッテドマンダリン×1尾
クイーンエンゼル×1尾


魚を死なせてしまうと直ぐに買い足したくなるのですが、我が家の水槽は飼育設備を含め飼育環境を変えなければ、今以上の混泳による長期飼育は難しいのが現状です。満足に長期飼育もできないのに無理に増やす必要性は無いのですけど……。



今年は現状維持が精一杯でしょう。

今現在の心境でした。




 2016_09_11


ここ数日気温も下がっておりますが、近年はどの季節も寒暖差が激しい日が多いですね。クーラーを設置していない水槽では魚達にも何かしらの影響が出やすいのかも知れません。水質を改善する為に毎日30リットル換水をしており、黄ばみもだいぶ解消してきました。その為か魚達も元気なのですが、まだ感染症と思われる症状は完治しておりません。


DSC_0030.jpg

DSC_0031.jpg

DSC_0033.jpg

DSC_0034.jpg

感染症が治癒するまで30リットル換水は毎日やる予定です。


DSC_0040.jpg


アイランドカウフィッシュはコンゴウフグと一緒にアサリを毎日与えております。コンゴウフグは食欲旺盛なのですが、アイランドカウフィッシュの方は肌荒れも酷く食も細くなっています。60センチ規格水槽の方は毎日10リットル換水しております。換水の量を減らすと黄ばみますし、最近は硝酸塩についてもちょっと気になっています。両水槽とも給餌を一日一回にしました。




 2016_07_06



02  « 2017_03 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム