FC2ブログ



今日は、連休だったので、最近気になっていた岩組を一部変えてみました。今までは、魚の習性を考慮しながらも、どちらかというと岩組は見栄え良くとか格好良く、変化を付けて重ねていました。ここ半年くらいブルーエンゼルが隅っこの方に居るようになり、一時は拒食気味になっていました。しかも、上層に行くと背鰭が水面から出てしまうようになっていましたので、思い切って上に重ねてあった岩を取り除く事にしました。取り除くと平坦になるのですが、ニセモチノウオは隙間移動を好むので、小さめの岩を一つ乗せて様子を見ることにしましたが、小さい岩とはいえブルーエンゼルにとっては障害物だったようで、その岩を避ける為に鰭が水面に出てしまうのでした。結局、魚が泳ぎやすいなら平坦でも良いかなって事で小さい岩も取り除き、その結果、ブルーエンゼルは何時も水槽の真ん中に陣取って?居るようになりました。大型ヤッコは背高がある種も多いので、特に岩組をする場合は水槽の高さも60センチくらいあった方が良いのだろうなと感じました。取り除いた岩はスリム水槽へ移しましたが、逆にスリム水槽の方が狭くなった感じなので余ったものは軒下へ。

DSC_6512.jpg

DSC_6511.jpg

DSC_6510.jpg

DSC_6533.jpg

DSC_6517.jpg

DSC_6513.jpg

DSC_6536.jpg

DSC_6587.jpg

DSC_6586.jpg

DSC_6585.jpg

DSC_6578.jpg

DSC_6572.jpg

DSC_6579.jpg

DSC_6581.jpg

DSC_6536.jpg

DSC_6498.jpg



東アフリカ産ミナミハコフグは元気ですが、毎朝、水面をバタつかせる個体は時々もう一尾の方に攻撃されて居るのを目撃しまして、どうやら、水面をバタつかせる原因は餌欲しさではなく、攻撃されて逃げ場が無いゆえの行為動作のようです。90センチ規格水槽に戻してあげたい気持ちもありますが、入れたら入れたで今度はアイランドカウフィッシュが攻撃されてしまうので、移してあげる訳にもゆきません。


DSC_6489.jpg

DSC_6492.jpg

DSC_6484.jpg

DSC_6481_2018071620422803e.jpg

DSC_6430.jpg

DSC_6431.jpg



週一でアサリを与えています。が、90センチ規格水槽の方はブルーエンゼルがほぼ全部食べてしまうので、今は、スリム水槽のミナミハコフグとミドリフグだけにしています。


DSC_6495.jpg

DSC_6494.jpg

DSC_6428.jpg

DSC_6564.jpg

DSC_6562.jpg

DSC_6558.jpg

DSC_6555.jpg

DSC_6554.jpg

DSC_6551.jpg

DSC_6550.jpg

DSC_6549.jpg

DSC_6546.jpg


大きいミドリフグはアサリを入れるとむしり取るように豪快に食べ、少し離れたその隙を狙って小さいミドリフグ達が食いつきます。特にいちばん小さいミドリフグは、常に大きいミドリフグの背後に距離を置きおこぼれを貰おうとしているところが、なんとも健気で可愛いです。

換水頻度を減らしている為に、90センチ規格水槽の方は黄ばみが強くなっているのが少々気になるところですが、換水頻度の回数を少しでも増やしこの夏の暑さを乗り切りたいと思っております。が、なにしろ、飼い主の私がこの猛暑で可成りバテ気味なのですから……。





 2018_07_16


去年の今頃は、とても賑やかな水槽でした。過密飼育とも言いますが……。当時と比べると、とても寂しい。しかも、ハコフグ水槽なのにブルーエンゼルが主役の水槽にしか見えません。でも、長期飼育を目指すならこれくらいで丁度いいと思う。魚は成長するしね。

何気に思ったのですが、もう、この趣味(熱帯性海水魚飼育)、始めてから18年も経ったんだなぁって……。

18年前、初めてコンゴウフグを飼って、当時、その存在すら知りえなかったアイランドカウフィッシュを飼っている。ハコフグ飼育においての、それなりの技量も身に着けた。しかし、色んな事を試して沢山の魚を死なせて、あと、この趣味、何年続けるんだろって、最近、多々思うようになりました。転職して、思うように水槽管理ができなくなってきたから尚更だと思う。

仕事に慣れて余裕ができれば、また気持ちも変わるでしょう。



DSC_5660.jpg

DSC_5690.jpg

DSC_5692.jpg

DSC_5693.jpg

DSC_5699.jpg

DSC_5701.jpg

DSC_5772.jpg

DSC_5773.jpg

DSC_5774_20180527001604f7e.jpg

DSC_5775.jpg

DSC_5777.jpg

DSC_5780.jpg

DSC_5783.jpg

DSC_5784.jpg

DSC_5786.jpg

DSC_5787.jpg

DSC_5791.jpg

DSC_5799.jpg

DSC_5800.jpg

DSC_5801.jpg

DSC_5802.jpg

DSC_5803.jpg

DSC_5807.jpg

DSC_5808.jpg



最近、ブログよりもTwitterを観る頻度が多く、時代の流れでしょうか?。

でも、ハコフグ飼育の情報は少ないね。


90規格水槽

アイランドカウフィッシュ 2尾
ブルーエンゼル 1尾
マルケサンバタフライ 1尾
ニセモチノウオ 2尾
ルリスズメダイ 1尾


90スリム水槽

ミナミハコフグ(東アフリカ産) 2尾
シリキルリスズメダイ 1尾
ミドリフグ 4尾




 2018_05_27


今日は湿度が多いのか、90センチ規格水槽のガラスが結露しており曇って中が見えません。また一尾、ミナミハコフグが亡くなりました。いつも追い掛けられている個体から順に亡くなっております。全滅だけは防ぎたいので、90センチスリム水槽に設置しておいたヨウ素樹脂抗菌剤を数日前に90センチ規格水槽へ設置しました。この先も亡くなってしまうハコフグが居るかも知れませんが、ブルーエンゼルが快調になったのか暴れ回っております。ヨウ素樹脂抗菌剤のお陰で白点虫の遊走子が減少しているのかも知れません。

DSC_4044_201708061305370b2.jpg

DSC_4041.jpg

せっかく丸三年飼育してきたミナミハコフグでしたし、これから先、産卵も期待していただけに少々気落ちしております。ミナミハコフグは4尾しか居なくなりました。4尾中元気が良いのは2尾だけなので経過が心配でございます。幼魚から飼育をやり直すと又3年以上の年月がかかります。

ヤッコとチョウチョウウオは白点虫寄生症が悪化しないので、この先、遊走子が減少してハコフグ達も白点虫寄生症を克服して行く事を祈ります。


手持ちの亜硝酸試薬は古いものを使っていたので、試薬測定結果が正確でないかも知れないと思い、新しい亜硝酸試薬を買って測ってみましたら、検査の色合いは同じでした。多少の赤味が確認できますが、黄色味の方が多いので有害の数値までは達しておりません。白点虫を覚醒させてしまいましたが、使い回しした濾材に付着していた濾過細菌が働いてくれているようです。



 2017_08_06


今年は水槽用のクーラーを設置し、排気熱の熱さに驚いていたところでしたが、県内も梅雨入りして意外な事にその排気熱が除湿機代わりになるという事も知り、排気熱も役立つ事があるんだなぁと思いました。そう言えば、何かの排気熱を利用して洗濯物を乾かしている方々も居たような?。例年ですとこの時期は気化熱冷却しているせいで、水槽のある部屋はジメジメして木製の水槽台が湿った状態になっておりましたが、今年は水槽台も乾燥状態を保っているので良い塩梅です。それに湿度も無く爽快な感じさえします。ただ、梅雨明けすると一気に猛暑になるでしょうから、そうなると今度は部屋にこもった熱を外に出す工夫をしなければなりません。部屋には一応、小型の換気扇が付いておりますが、多分間に合わないでしょうから、窓用の簡易換気扇を付けるか扇風機を外に向けて回すなどする必要があるかも知れません。クーラーのお陰で魚達は涼しい顔?していますが、飼い主の私は、汗だくの日々を過ごさなければならない予感が致します。扇風機が空いたので私は扇風機を活用します。

さて、
90センチスリム水槽に気を取られている間に、90センチ規格水槽の魚達にも白点が出ている事に先週気が付いたのですが、今のところ悪化する様子はありません。白点の原因となっている原虫または病原菌が異なっている可能性があります。スリム水槽の方は、二週間目くらいで被膜(粘膜)が剥がれる症状が現れます。酷似する症例としてはトリコディナ症ですが、コンゴウフグをまとめて入れた時にトリコディナ属(Trichodina)の繊毛虫も入り込んだかも知れません。だとすると、トリコディナ症にも効果があるとされている、ヨウ素イオン樹脂抗菌剤を設置しておりますので駆虫できると良いのですが。

DSC_3768.jpg

DSC_3781_201706242011049cd.jpg

DSC_3782.jpg

DSC_3786.jpg

DSC_3772.jpg


DSC_3775_201706242011007a9.jpg

DSC_3777.jpg

DSC_3779.jpg
25℃設定にしている90センチ規格水槽の方は、クーラーが作動する度に25.2℃~23.7℃を上下しております。おおよそ24℃台を維持しているという状況です。



DSC_3773.jpg

スリム水槽に居たカニですが、元気です。で、1cm余りのカニで3匹目を発見。まだまだ居そうです。カニが繁殖しているはずもなく、ライブロックの孔に小さいカニが沢山隠れて居たようです。

スリム水槽は又、何も居なくなりました。(滝汗
入荷量の少ないハコフグでしたし最初で最後かもしれない。購入前はどちらに入れるか迷っておりました。結果的に90センチ規格水槽の方に入れれば良かったという後悔もありますが、90センチ規格水槽の方も全滅になったら立ち直れません。初めて水槽に入れた種類のハコフグでしたから、短命にしてしまいましたが生体については色々と知る事ができました。いつか、画像を公開するかも知れませんが、今は、公開する気になれないので撮って置いた画像はお蔵入りとします。




 2017_06_24


同じ部屋にある水槽ですが、90センチ規格水槽の方は特に問題なく一日の日課をこなして飼育しております。万が一の事を考慮しスリム水槽と兼用していた換水道具は完全に使い分けしております。でも、この先、何の気なしに間違って使う事も有るかも知れませんが、スリム水槽で発症した寄生虫や病原菌は空気感染や寄生は無いようです。

これから暑くて長い夏が訪れますが、気を抜かずに飼育管理して行かなければなりません。

DSC_3513.jpg

DSC_3514.jpg

例年通りにガラス蓋の一部を開放いて扇風機の風を受けるフードも設置しました。


DSC_3516.jpg

生き残ったコンゴウフグも悪化するかもしれませんので、気を抜かずに飼育して行きたいと思います。


DSC_3517.jpg

外部式濾過槽を掃除したので、濾過槽内に居たであろうイソギンチャクが出現してガラス面に沢山付くようになりました。セイタカイソギンチャックの様にも見えますが、色合いは青味があります。このてのイソギンチャックは見えない場所に潜んでいて、意外としぶとく生き延びているようです。

窓を開けているせいで冷たい風が入ってきます。

今日も暑くなるのかなぁ……。



 2017_05_22



07  « 2018_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム