キッスの嵐?

Category: 雑記  

うちのハコフグ達もガラス面にチュッチュと吸い付きをして餌をせがみます。水槽の中に手を入れると、間違いなく吸い付かれてキスマークが付いてしまいます。藻掃除をする時にも吸い付いてきますからね。

DSC_2573.jpg

DSC_2574_20170326220849689.jpg

DSC_2575.jpg

DSC_2579.jpg

DSC_2576.jpg

DSC_2580.jpg

DSC_2583.jpg

DSC_2585.jpg

DSC_2586.jpg

DSC_2587.jpg

DSC_2591.jpg

DSC_2595.jpg

どの子も濃厚すぎる。

DSC_2603.jpg

スクラウドくんとラクダくんも一緒にチュ~。

DSC_2613.jpg

DSC_2617.jpg

DSC_2619.jpg

DSC_2621_2017032622222542e.jpg

ブルーエンゼルはどこ吹く風で通り過ぎてゆきます。


DSC_2606.jpg

レティキュレイトのチュ~も可愛いです。

DSC_2607.jpg

もちろんコンゴウくんも。

DSC_2609.jpg

極め付けはコンゴウくんの鰭バタバタ水吹き攻撃。

餌欲しさに勢い余ってガラス面に吸い付いているのですが、見ているととても可愛いです。

ハコフグならではの光景でした。



マイペース型のアイランド牛くんは乗ってきませんでした。



 2017_03_26

近況2017.03.18

Category: 雑記  

今日から三連休です。今日は日頃の仕事疲れから身体を休めております。夜行性なもので今夜あたりから、水槽周りの片付けや掃除をしようと思っております。昨年末は暖冬かなと思っていましたけど、年明けからまとまった雪が降り積もり平年並みの冬だったようです。まだ寒気が入りますと雪がふりますが、この時期は積もる事はないでしょう。農家の方々が活動し始めたり、道路の吹き溜まり対策の暴風柵が取り外されたりと、ようやく春めいてきました。

水槽の方は、腰痛が中々治らないので換水の水量制限していますけど、カキ殻のpH上昇効果で、魚達の活動も以前より機敏になったように思います。


DSC_2448.jpg


私の性格上、一種に限定して繁殖を目指そうなんて事は到底できませんので、何種か選んで繁殖を目指そうかと思っております。種類によってはまだまだ成長しているハコフグも居ますが、成長が止まってしまったように見て取れる種も居ます。南アフリカ産ミナミハコフグは、成長が遅いのか顕著な成長は見られません。以前にも書いた事があったと思いますが、これからは、今まで以上に餌も吟味して与えるようにした方が良いのかも知れません。今はホワイトシュリンプを主体に赤虫と配合飼料(金魚の餌)とアサリを与えております。そう言えば、最近、行き着けのショッピングセンターでは甘エビを見掛けなくなりました。全く無い訳ではありませんが、加工され真空パックされていたりと、水揚げされたままの状態のモノが見られなくなりました。

ハコフグ飼育にも、今まで以上に力を入れて行きたいと思う次第であります。






 2017_03_18

近況 2017.03.12

Category: 雑記  

久しぶりにハコフグ関連でネットサーフィン(古い?)しておりました。画像関連だとうちの画像が殆ど。ブログなんかも更新停止状態が多く、ちょっと寂しい気持ちの箱福でございます。一時期と比べると確かにブログ等でのハコフグ人気は低迷している感じはします。趣味ですから、流行り廃りはありますしね。しかし、ネット通販ではハコフグ類は入荷量も多いですが、他の魚と比べると幼魚から飼育しても成魚まで飼育している方々は非常に少ないようです。私自身も幼魚(稚魚)からの飼育は神経も使うし一筋縄では行かない事も知っていますし、実際、我が家の水槽でも死なせてしまう個体が多い。魚を死なせてしまうと、一時的な心理で「もう買わない」とか「魚の数を減らそう」だとか思っても、ほとぼり覚めると又、欲がでて生体を追加してしまう。この先どうしようかなんて、通販リストを眺めては色々と計画を目論んでいます。

さて、水槽の方は相変わらずの藻だらけ水槽に加えて、黄ばみが強くなってきました。毎日換水はしておりますが、何分、この冬の「雪かき」が原因になった腰痛が悪化して、毎日90センチ水槽は30リットルを20リットルに、スリム水槽は20リットルを10リットルと換水する水量を減らしております。頑張っても二つの水槽で計40リットル換水するとして、90規格30リットル、90スリム10リットル。90規格20リットル、スリム水槽20リットルと一日おきに、交互に換水するのが今は精いっぱいでございます。

DSC_2433_20170312141823b52.jpg90規格水槽。

DSC_2435.jpg


DSC_2437.jpg90スリム水槽。

DSC_2440.jpg

水槽に中には極力、素手を入れたくないので今日はホワイトシュリンプと赤虫の冷凍飼料の箱買いをしたついでに、巻貝を15匹買いました。今年初めての海水系生体の購入ですが、魚の追加ではないので90規格水槽へ10匹、90スリム水槽へ5匹入れます。



DSC_2417.jpg

DSC_2410.jpg

マルケサスバタフライも「エナメル質除去済みのカキ殻」のお陰で、まだ尾鰭に僅か白濁も見られるますが、感染症も治癒し難を逃れたとみてよいでしょう。


DSC_2394.jpg

DSC_2395.jpg

我が家の停電騒動?で酸欠対策の為に仕切り板を取り外してから一週間経過しまして、やはり数日は若魚が成魚に攻撃されて側面の甲羅に傷がついていましたけど、大分治ってきました。その後、普段は距離を取っていますが、成魚が近付くと逃げ出してしまいます。混泳についてどうしてゆくかの見極めが難しいところですが、致命的になる攻撃が無いので仕切り板無しで暫く様子を見たいと思っています。


DSC_2400.jpg

DSC_2428.jpg

アイランドカウフィッシュも元気ですが、なんだか成長は止まってしまったように見受けられます。成長期が過ぎてしまったのでしょうか?。スクラウルドカウフィッシュは攻撃的なので入れませんが、アイランドカウフィッシュは入荷されたら、追加するかもしれません。


DSC_2444.jpg

DSC_2445.jpg

ラクダハコフグも成長が止まった感じもしますが、画像だとまだ分かりづらいのですが、以前より体表全体に赤味のある虫食い模様が薄っすらと浮き出てきました。

2699.jpg

過去に飼育していたラクダハコフグで、赤紫色の虫食い模様が出た個体です。この虫食い模様が出るのがオスとされているようで、模様が浮き出たり消えたり明滅させます。(飼育当時に携帯電話のカメラで撮影したもので、不鮮明ですが参考の為に貼っておきます)

今年は魚の追加を控えている理由の一つは、新しいエアコンを設置する為に節約している為でございます。この夏はせめて30℃以下で飼育してあげたいと思っています。

近年はクロハコフグのオスの入荷量が多くなってきましたが、上手く飼って居る方々はどれくらい居るのか個人的に気になります。通販店のリストにも載っていましたが見送りました。ショートノーズボックスフィッシュは全く入荷される様子無し。チャームさんでも以前、入荷履歴があるようですけど、入荷されませんね。棲んでいる海域では採取する人が居ないのでしょうか。気長に待ちます。




 2017_03_12

停電

Category: 雑記  

昨日は予定通りに配電線工事がありました。業者さんが来る前に車の移動をしたり、停電するとボイラーも使えなくなるので、あれこれと考えているうちに作業員の方々が到着して、我が家へ挨拶に来たので「熱帯魚を飼って居るのですけど、何時まで停電しますか?」と聞いたところ「停電はしません」という返答。なんだ、停電しないのか……。停電するのかとばかり思っていました。今は、停電せずに配電線の交換ができるようです。

「備えあれば患いなし」ということで90センチ水槽へは携帯エアーポンプ3台。スリム水槽は1台待機しておいたのに。まぁ、停電しないに越したことはないです。

DSC_2378.jpg

DSC_2388.jpg

停電すると水流が無くなるのでエアレーションが一台で済むように、90センチスリム水槽で仕切っていた仕切り板を外しました。
DSC_2380.jpg

DSC_2383.jpg
仕切り板を外して喜んだのは、コンゴウフグではなくアイランドカウフィッシュとレティキュレイトボックスフィッシュの方だったようです。

DSC_2389.jpg
コンゴウフグは大きい水槽で飼っても特定の場所に居る事が多いので、仕切り板が有っても無くても余り変わり無いような気もします。

DSC_2386.jpg
若コンゴウは物陰に隠れてしまいました。

コンゴウフグ同士がなんだか怪しい関係なので、大きいコンゴウが小さいコンゴウに喧嘩を仕掛けるかもしれませんが、その時には又仕切り板を設置する事にしております。できれば、解放しておきたいのですけど。

とにかく、停電しなくて良かった。



 2017_03_07

一難去って

Category: 雑記  

エナメル質除去済みのカキ殻を入れた事で、猛威を振るった感染症はほぼ収束したようです。何年か前にカキ殻を入れた事がありましたが、その時はpHが上昇しなかった為にカキ殻を使う事は無くなりました。しかし、今回の一件の感染症でpH上昇商品の品定めをしている時に、試してみたエナメル質除去済みのカキ殻が目に留まり、使ってみた結果、とても良い効果が出て感染症が治癒するに至りました。もっと早く見つけて居ればと思いますが、一度使ってみてダメだと思うと、同じものを試す機会は無くなります。「エナメル質除去」という処理だけでこれだけ効果が異なると思うと、とても複雑な気持ちでもあります。まぁ、考えてみると巻貝にとっては殻が水中に溶け出さないように、エナメル質成分も殻に含ませているのでしょうからね。それに気が付いたメーカーさんは偉いと思う。

改めて、カキ殻を使う切っ掛けとなったのは、西オーストラリアのシェルビーチの話題がWeb上に載っていたのを偶然に見掛け読んで、また試してみようかと思った次第でございます。

お陰で、みんな元気ですが……。

しか~し!。


DSC_2288.jpg

DSC_2299_20170226222505a50.jpg

DSC_2290.jpg

3月6日電線工事の為に停電だってさ。しかも、AM8:00からPM4:00まで。せっかく調子が戻ったというのに、死んだら誰が責任とってくれるんだよ。事前に工事に付きご協力くださいと回覧板持って来たから、当日は、ストーブ付けて携帯エアレーション付けて、工事が終わるまで皆無事で居る事を祈るくらいしかできません。仕方ないので携帯エアレーション追加注文してやったぜ!。くっそ~。

精も根も尽き果てそうな気分。



 2017_02_26



02  « 2017_03 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム