最近は60センチ水槽にいるマルケサスバタフライにばかり目を向けておりましたが(まだ小さいので)、何気にスクロゥドカウフィッシュの購入履歴を確認してみると2014年7月20日となっていましたので、既に2年経過しておりました。少しずつ成長しておりますが、最大50センチまで成長するらしいので、30センチくらいまで成長させたいです。

DSC_0739.jpg

DSC_0703.jpg

DSC_0731.jpg

名前の由来となっている青い斑点がだんだん減っています。虫食い模様の様に多くなると思っていたのですが、青斑点が多くなるのはオスだけなのでしょうか?。私自身のスクロゥドカウフィッシュの成長記録としては、この個体のみですので、よく分かりません。このまま順調に育って欲しいです。

今年は幼魚の入荷は何処かの店舗(通販)で一尾見掛けたくらいです。この種の同種に対しては攻撃的ですし、同種混泳は難しいので長期飼育を目指します。

もう2年経過してしまったので、これから幼魚を入れても混泳は無理でしょう。別々に飼育して大きくなってから一緒にしてみるという手段もありますけど。長期飼育を目指すのであれば、あまり余計な事はしない方が無難でしょう。



 2016_10_11


今まで飼育したことのあるハコフグの中で、成長が早いと感じるコンゴウフグ。ですが、そのコンゴウフグより成長が早く感じている、スクロゥルドカウフィッシュでございます。成長に伴い口が大きくなった事と、胃腸も大きくなっているでしょうし、あと、海苔を与えるようになった事。金魚の餌の粒餌を一粒一粒、吐き出さずに必死に食べているなど、大粒の配合飼料ですと食べ散らかしの方が余計で、飲み込んでいる量はそれ程多くないと思いますが、金魚の餌は粒は小さいですが無駄なく食べてくれるので、身体のわりには口が小さいスクロゥルドカウフィッシュにとっては、食べやすい餌なのでしょう。


DSC_9188.jpg

DSC_9189.jpg

DSC_9190.jpg

スクロゥルドカウフィッシュも近年は、この時期、毎年入荷されるよになりました。採取地がカリブ海辺りなので値段が少々高値ですが、興味のある方は一度飼ってみても面白いハコフグだと思います。コンゴウフグより回遊性があります。ちょっと気が強いところもありますが……。




 2016_04_25


毎日、ハコフグ達を見ていますと、成長しているのは分かるのですが、どれだけ変わったかを見比べてみましょう。


DSC_7941_201603082050215ed.jpg

DSC_7940.jpg

こんな感じです。

幼魚の記録写真から1年7ヶ月経過しております。今は15~16センチ程に成長しました。

幼魚の頃は、飼育していても何かと心配事が多いのですが、これくらい成長すると安心して見て居られます。


 

 2016_03_08


ハコフグ達は順調すぎて特別書きたい話題もありませ~ん。この趣味、話題が無いのは魚達が順調な証し。順調といってもそんなに急激に成長する訳でもありませんから、写真を撮っても殆ど変化がありません。そんな中。無理矢理ですが、最近、成長したなぁと感じるのが、スクロゥルドカウフィッシュとアイランドカウフィッシュです。スクロゥルドカウフィッシュの方は、模様も微妙に変化しているので、成長ぶりが分かりますが、アイランドカウフィッシュは目に見えた模様や体形の変化はありません。なので、写真を撮ってもどれだけ成長したか、具体的に説明し難いのでございます。


DSC_7715.jpg

DSC_7717.jpg

DSC_7719.jpg

DSC_7728.jpg

スクロゥルドカウフィッシュは胴体(甲羅部分)も大きくなりましたが、尾鰭が伸びました。大型ヤッコを入れたおかげで、アイランドカウフィッシュへの攻撃も少なくなりました。


DSC_7743.jpg

アイランドカウフィッシュはご覧のように写真では成長ぶりが分かりずらいですが、よ~く見ると、貫禄がでて重厚な体形になってきた感じです。


そう言えば、一昔前は1センチにも満たない豆サイズ個体が結構ショップに入荷されていたのですが、最近はどうなんでしょうかね?。通販しか利用しなくなった今。1センチサイズの豆ハコフグも、機会が有ったら又飼ってみたいです。

sh-2256.jpg

sh-2255.jpg

10年以上前にコンゴウフグ飼育に力を入れていた頃、飼っていた豆サイズコンゴウフグです。その当時はデジタルカメラを持っていなかったので、2枚とも携帯画像です。




 2016_01_29


毎日、水槽の中の魚達を見ていますと、目に見えて成長しているなぁ…と思う魚と、全然成長しないなぁ…という感じの魚がいます。色々なハコフグを飼育していますが、その中でも成長が早いのがコンゴウフグ。ラクダハコフグやスクロゥルド・カウフィッシュは成長が遅い感じです。同じくらいの大きさのコンゴウフグ、ラクダハコフグ、スクロゥルド・カウフィッシュを見比べてみますと、体形の違いもあろうかと思いますが、口の大きさが違います。その口の大きさで一回の給餌の時の摂餌量で成長に違いが出でくるのであろうと考察しています。




スクロゥルド・カウフィッシュ。

DSC_1417.jpg2014.07.26 撮影

DSC_1435.jpg2014.07.26 撮影


DSC_4209.jpg2015.04.19 撮影


DSC_4240.jpg2015.04.19 撮影


スクロゥルド・カウフィッシュを水槽に入れてから9ヶ月程になりました。余り成長を感じないのですが、水槽に入れた当時の写真と比べますと、幾分大きくなっているのだということが分かります。青い斑点が少なくなっているようです。成長に伴い、名前の由来となっている模様に変化すると思われます。

今現在は食欲旺盛なので、一日一回ではありますが、給餌量を増やしています。






 2015_04_24



02  « 2017_03 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム