6月に入って朝晩の気温変化が激しい気候となっております。週間天気予報を観ると曇りの日が多くなってきておりますので、月末くらいには梅雨入りかなと思います。スリム水槽の発症原因を考えていて、この気温変化が発症の原因になっていると考え、エアコンの購入は控え、水槽用クーラーを思いきって購入しました。エアコンですと私自身も涼しく居れるのですが、いちばん暑い盛りには仕事に出掛けているし、エアコン付けても扇風機を回して気化熱冷却する必要があります。また、エアコンを先に買うと、この先、水槽用クーラーを買う事はないと思い、今年はクーラーを買いました。

水槽用のクーラーは、ゼンスイと決めておりましたが、ZRシリーズかZCシリーズで迷っておりました。一台だけならZC1000αと決めていたのですが、予算の事もありますしネットで情報収集して悩みに悩んでZRシリーズにしました。で、最初は、電源の都合もあり外部式濾過槽に連結しようと考えていて、これもまたネットで調べてみると冷却効率が悪いという事で専用ポンプを使う事にしました。設置してみて専用ポンプにして正解でした。ただ、水槽に合わせて別々の機種を注文したのですが、同じ機種を2台買えば良かったと思いました。

で、商品は昨日の午前中に届き、昨日今日と一台ずつ水槽に設置しました。中々、接続ホースなどをシリコーンでコーキングしたりして下準備してからの取り付け作業で大変でしたが、今日の午前中には、2台設置する事ができました。


DSC_3744.jpg

選んだ水槽用クーラーと水流ポンプはご覧の通りでございます。


DSC_3757.jpg

DSC_3758_20170618160814885.jpg

接続ホースの内径は指定されたモノを使いましたが、ゼンスイの純正配管セットではないので、使ったホースの内径が少し大きいのか付けた感じがゆるいようで、付属のホースバンドできつく締めても飼育水が滲む様でしたので、シリコーンでコーキングしておきました。なにしろ、正月の水漏れ事件が頭から離れず、念には念を入れコーキングする事にしております。ポンプも水陸両用ですので水槽の中には入れずに床置きして使う事にしました。当然、ホース接続部分にはコーキングしました。メンテナンスを考えるとコーキングしない方が良いのですが、交換パーツも売っているようで後から購入もできますので、敢えて水漏れ対策の方を優先に考えました。

各クーラーを使ってみて分かった事は、スリム水槽の方が稼働が多いということ。という事は、水温変化が激しい事を意味します。水槽は大きい程、熱しにくく冷め難いのですが、冷却の場合は冷却し難く温まり難い事になり、各水槽を設定温度まで冷やしてから、90センチ規格水槽のクーラーが一回作動する時間にスリム水槽の方は、2回作動しております。スリム水槽は90センチ水槽より小型のクーラーですが、設定温度まで冷やすのが早い変わりに水温が上昇するのも早い事がハッキリと分かりました。

その、水温の上がり下がりが今年は極端なので、スリム水槽のハコフグ達が病気を発症したのだと思います。例年ですと、高水温になっても高水温になったままなので、極端な水温変化が少なかったのですが、今年は例年に無く日中と夜間の温度差も極端でした。ヒーターの設定温度を高めにして置きましたが、魚にとっては毎日変動する数度の温度差に耐えられなかったように思います。

取り敢えず小型の方が24℃設定にしました。大きい方は24℃設定にすると設定温度になる前にヒーターが作動して永遠にクーラーが稼働しているので25℃設定としました。それにしても、コトブキのヒーターは23℃設定が下限で、その位置に合わせても水温計が24.5℃になるとヒーターサーモの通電が始まります。買い置きのニッソーのヒーターもあるけど取り敢えず様子見ということで……。


あ、
今日、元気が良かったら紹介する予定だったスリム水に入れたハコフグは体調が悪化しましたので、紹介は見送る事にします。そこで、薬剤等に頼らないなんて言っている状況ではなくなったので、昔、愛用していたヨウ素樹脂抗菌剤を設置してみました。手遅れかも知れませんが、この先の事も考慮して、水槽内を一旦、駆虫除菌しようと思います。





 2017_06_18


今夜は、水槽の岩組を変えてみました。ハコフグも新たに入れた一尾となり、今の内に岩組を変えてみようと思い付き、土台にしていた小さい岩を取り除いて高さを低くしてみました。そのついでに、水槽周りをみると扇風機によるエアレーションの跳ね上がりが飛び散り、潮(塩)の結晶が辺り一面に薄っすらと付いていたので、エアレーションの位置も奥の方にしました。

DSC_3735.jpg

DSC_3731.jpg

で、ライブロックを裏返してみると、なんと、イバラカンザシが2個体。この半年ほど、下向きで影になっていたので分かりませんでした。魚は居なくなったけど、なんか嬉しい気持ちになりました。ライブロックには、色んな生体が住み着いて居るので昔は定期的に新しいライブロックを入れ替えてみたりしましたが、最近は年に一度買うか買わないか程度です。たまにはライブロックを買ってみるのも良いかも知れません。



 2017_06_11


5月は一時的に猛暑となり、スリム水槽のハコフグ達は全滅。その後、比較的涼しい日が続いておりまして、今週も22~23℃程の気温で涼しい一週間となりそうです。TVで県内の天気予報を観ると低温注意報が出ておりました。私としては涼しくて良い塩梅でございます。窓を開けておりますと冷たい風が入って来て心地よいですが、夜は肌寒いくらいです。なので、まだ水槽も扇風機での気化熱冷却で凌いでおります。今月中には新しいエアコンを設置するか、水槽用のクーラーを設置するか決める予定です。

さて、
90センチ規格水槽の方は、特別な変化もありませんが、茶色い藻(珪藻)が直ぐに増えて困っております。換水も30リットルから20リットルに減らしておりますから、藻が生えやすい環境なのでしょう。藻の色が茶か緑かは光の光量や波長によるものらしく、光量が弱いと茶色で強いと緑色になるのだとか。うちの水槽は水槽用の照明は点けておりませんので、自然光任せです。スリム水槽は朝の9時半頃まで直射日光を浴びますが、カーテンで光線を遮っております。天井の方に明り取りの窓もありますので、カーテンの開け閉め次第では昼近くまでスリム水槽のある位置では自然光が射し込み、時々、自然光だけで珊瑚を飼育してみようかな?、なんて考える事もございます。昔、地元にあった海水魚専門店で、この話をしたら、私が住んでいる辺りの太陽光では光量が弱くて飼えないという事でした。

で、
自然光と言えば紫外線も当たる訳で、自然光による紫外線の殺菌効果はどれ程のものなのでしょう。寄生虫や病原菌も死滅殺菌できるのでしょうか。ハコフグ飼育を始めた頃、直射日光を当てていた事がありましたが、白点虫寄生症は治らなかったように記憶しております。

DSC_3716_20170611135155db4.jpg

DSC_3717.jpg

DSC_3718.jpg

DSC_3719.jpg

DSC_3720.jpg

DSC_3721_2017061113520307b.jpg

DSC_3722_201706111352040d5.jpg

DSC_3723_2017061113520543b.jpg

DSC_3724.jpg

DSC_3725.jpg

DSC_3726_201706111352108bf.jpg

ご覧の様に、午前中は、餌を貰えると思ってハコフグ達が騒がしくなります。(画像は本日の午前中に撮影しました)ハコフグ達も個体別に変化を紹介したいのですが、あまりにも観察を怠っていたばかりに模様の変化が著しい個体は、区別が付かないくらいに変化しております。時々、個体ごとに写真を撮って比較判別しておりますが、過去の画像と見比べて、どの個体か分かりづらくなっている個体もおります。体系なども目安になりますが、こういう成長記録は一週間隔でこまめに記録して置いた方が良いのでしょうね。私の性格では、それ程几帳面でもないですし。大まかではありますが、一応、成長記録は撮影して残しております。



 2017_06_11


ひと月を待たずに、ハコフグ飼育再開した結果。結論から申し上げますと、ハコフグを水槽に入れてから5日目で白点が体表に現れました。この結果から考察すると、ひと月空回ししてから入れても白点が体表に現れる確率は高いと考えます。白点虫(クリプトカリオン・イリタンス)なら一年程シストで休眠できるようですし。本来、白点虫(クリプトカリオン・イリタンス)だとしますと、底砂にシストが休眠している訳ですから、空回ししている間に底砂を毎日撹拌してシストを覚醒させていれば良かったと思います。が、底砂を撹拌するとエナメル質除去済みのカキ殻が埋もれてしまうので、撹拌しませんでした。

ただ、毎日、ハコフグを観察しておりますと、典型的な白点虫の寄生のようには見えません。くどいようですが、体表から離れる前に見る事ができる楕円形の成虫が体表に現れません。また、水温が高くなると白点が悪化して水温を下げると白点が治まります。

今日、魚の体表に現れる白点はクリプトカリオン・イリタンスだけとは限りません。海には私達マリンアクアリストが知らない寄生虫は沢山います。世界中の海域から集められて、色んな魚が比較的容易に手元に届く時代です。私達が今まで経験した事の無い寄生虫症や感染症を目の当たりにしても不思議ではないと思います。インターネット情報以外に専門書などで寄生虫や感染症について詳しく勉強する必要があるようです。


DSC_3691.jpg


さて、5日目で白点が現れましたが、白点が体表に現れる条件があるようですので、現れ難い条件を満たすと治癒させる事ができると思います。この白点症を克服できなければ、この先、何尾であろうと水槽に入れたとしても飼育できない事になりますので、この機会に治癒方法を見つけたいと思います。

私の思い過ごしで、ただのクリプトカリオン・イリタンスであるなら、毎日の換水(20リットル)で駆虫できると思います。

来週まで健在ならハコフグ公開予定です。(この画像で魚名が分かった方はハコフグ通でしょう?。)



 2017_06_10


コンゴウフグ、アイランドカウフィッシュ、レティキュレイトボックスフィッシュを亡くしてから2週間経ち、一週間はただただ空回しをし、その後の一週間は毎日20リットル換水を繰り返しておりました。実質、感染症や寄生虫症で魚が全滅した場合、どれくらいの期間で魚を入れられるかは曖昧で、これくらいの期間が経過すれば大丈夫と言う事は無いと思います。実際、長期間空回ししておいても、新たに魚を追加する事で病原菌や寄生虫を持ち込む事がございます。

この一件で、ハコフグ達が発症してしまった要因となった事を、先ず解消し、同じ事を繰り返さないようにする。で、事件以来ずっと気になっていた事は冷凍アサリの給餌。アサリにもパーキンサス属の原虫が寄生してアサリが死んでしまう事を調べて知りました。が、その原虫は一般家庭の冷凍で死滅するかが問題で、アニサキスはマイナス20℃以下にならないと死滅しないそうで、家庭用冷凍庫では死なない寄生虫や病原菌もいるようです。もしも、アサリに寄生するパーキンサス属原虫が冷凍する過程でシストとなり休眠状態化して、解凍したのち水槽内で覚醒したら魚にも寄生するのだろうかという疑問が残ります。冷凍アサリが原因と特定した訳ではありませんが、念の為に暫くは冷凍アサリは与えない事にします。アサリを与え続けた事で水質悪化して、発症に拍車を掛けたという事も考えられますし。


DSC_3635.jpg


他のマリンアクアリストの方々から批判やお叱りを受けるかも知れませんが、ひと月を待たずに魚を入れてみる事にしました。入れる事にしたのは、蟹が二匹元気なのがどうしても心に引っ掛かり、なぜ甲殻類は死ななかったのであろうという疑問。魚だけにしか寄生、感染しない寄生虫あるいは感染症だったという事だけは確かだと思います。

元々、コンゴウフグやアイランドカウフィッシュは幾度と同じ疾病を繰り返しておりましたから、コンゴウフグを沢山入れた事でストレスになり又発症したと言う事も考えられます。高水温で悪化するまで、体表や内臓に潜伏していたのが水温上昇で進行が加速してしまったのだと思います。私は、今までの海水魚飼育において、魚が全滅するような状態に水槽が陥ってもリセットをした事がありませんので、2週間の空回しのみで飼育再開となりました。魚を入れるのは、まだ早いと思う方もいらっしゃると思いますが、早いかどうかは入れてみないと分かりません。あと、スズメダイから始めるのも止めました。スズメダイ一尾入れても、魚の種類によって感受性が異なりますから、感受性の高い魚を入れられるかの目安にはならないと判断しました。

今回、発症したのは、寄生虫が原因か感染症が原因か、餌のアサリが原因かを知りたいのです。

多分に、寄生虫が原因なら寄生されるでしょう。アサリが原因なら与えませんので大丈夫でしょう。感染症が原因だったなら、水質管理で発症を抑えられるでしょう?。他に、発症の原因として考えられるのが溶存酸素不足(酸欠)も視野に入れて、飼育する数を抑える事にしました。


私の考えが甘く、魚を死なせてしまったら、もうすぐ真夏になりますので秋まで入れない事にします。もしも、新たに入れた魚が死んでしまったら、魚の紹介(画像公開)はしません。二週間後まで元気で居たらご紹介します。


二週間ほど、検疫します。




 2017_06_05



05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム