FC2ブログ



7月も今日が月末。今年の上半期はシャコガイ飼育に夢中だったのですが、少々、シャコガイ飼育熱が冷めてしまったので、ハコフグ類を新たに迎え入れました。5月にレティキュレイトとラクダハコフグ(5~6㎝程)の幼魚。昨日(7/30)に大き目のラクダハコフグが水槽入りしました。大き目のラクダハコフグは15~16cm程の個体ですが、このサイズくらいの大きさの個体を間近で見るのは16年ぶりくらいでしょうか。ラクダハコフグを初めて飼育した個体で3cm程の幼魚を120cm水槽で飼育していて3年して12~13㎝程に成長しました。今回入れた個体は一回り大きな個体ですが、天然育ちは水槽育ちとは全く違い棘や体形が伸び伸び発育して、海流の抵抗を受け難い身体つきなっています。


DSC_2201_2020073121543769c.jpg

DSC_2202.jpg


DSC_2203.jpg


DSC_2589.jpg

DSC_2590.jpg

DSC_2602.jpg

DSC_2604.jpg

DSC_2605.jpg

DSC_2607_20200731215450bb7.jpg


幼魚の方は、育ち盛りなので、毎日、朝から晩まで餌を探し回っています。幼魚と成魚は別々の水槽に入れています。特にラクダハコフグの場合は混泳させると最初は干渉しないのですが水槽環境に馴れて来ると激しく争い生存競争へと変わる傾向があります。

数年ぶりのラクダハコフグの飼育なので、長生きさせたいのですが……。

成魚ラクダハコフグは、環境にまだ馴れていないせいかお腹は減っているようですが、周りの魚達の餌の食いっぷりに圧倒されて右往左往するばかりでございます。

徐々に食べるようになってくれるとは思います。






 2020_07_31


久しぶりにサザナミフグの飼育を始めました。十数年前にも飼育してました。画像は回想録に記事と一緒に書いてあります。小さくて可愛いですが、巻貝を襲うのが難です。本当は、サザナミフグ、スジモヨウフグ、モヨウフグ、ワモンフグ、ケショウフグの5種類を一度に入れたかったのですが成長した時のことを考え思い止まりました。でも、飼うかも?。

DSC_1883.jpg

DSC_1884.jpg

DSC_1885.jpg

DSC_1886.jpg

DSC_1887_20200618170515fd6.jpg



DSC_1888.jpg

あと、カーリーが爆繁殖しているのでカーリー退治にフチドリハギが食べると言う事でシャコガイ水槽に入れてみましたが、予想通りに食べてくれません。前はアカモエビを入れましたが、まったく食べませんでした。カゴカキダイも食べるらしいですが、期待外れになると悪いのでやめておきます。水草水槽用の剪定バサミを買ったので地道に、減らしてゆきたいと思っております。

DSC_1861_2020061817005561e.jpg

フチドリハギは配合飼料も食べます。海藻70がお好みよようです。あとはホワイトシュリンプも結構食べますけど、口が小さいので食べるのがとても遅いのです。


DSC_1907.jpg


で、今日は冷凍餌のホワイトシュリンプと赤虫、冷凍クリルを注文しておいたのが届きました。コビット19感染症対策での物流が機能しておらずに、いつも利用している通販店では10日前の事前注文しております。





 2020_06_18


ブログの更新が遅くなってしまいましたが、五月の大型連休中に90㎝規格水槽を90㎝スリム水槽への変更作業を行いました。半日もあれば終わるだろうと余裕をかましていたのですが、いざ、作業を進めてゆく内に塩ダレによる結晶が酷い事が分かり、塩ダレの結晶を落としながらと可成りの手間が掛かり、スリム水槽を設置したり岩組みなども時間が掛かって、結局、終わったのは翌日の明け方になってしまいました。

DSC_1250.jpg

DSC_1260.jpg

DSC_1265.jpg

DSC_1272.jpg

DSC_1273.jpg

DSC_1274.jpg

DSC_1275_2020053120284317b.jpg

DSC_1276_20200531202844a24.jpg

DSC_1300.jpg


飼育水は、急激な水質変化で魚達が体調を崩さないように、それまで使っていた飼育水を使ったので黄ばんだ状態のままとなっております。黄ばみと言うよりも、もはや茶色なんですけどね。スリム水槽に取り替えた後から一ヶ月近く経過してますけど、スリム水槽へ変更後も黄ばみは収まらず、120㎝用の活性炭を使う事となりました。

同じ場所に20年余りも(120㎝水槽を10年置いた後90㎝水槽を10年程)重い水槽が有ったのですが、スリム水槽へ変更した事で多少は床への負荷も減ったと思います。重量は半分くらいになったのですが、同じ場所なので余り変わりないかな?。

この際、海道達磨も撤去いたしました。

水槽が小さくなったので管理も簡単になるかと思っていたのですが、魚達も成長しているので水槽管理の手間暇は余り変わっておりません。(^^;



 2020_05_31


90㎝規格水槽で配合飼料(テトラアロワナ)を与えるようになってから、頻繁に飼育水の換水を繰り返しても黄ばみが取れず、連休中に90㎝スリム水槽に変更しようと思っております。


DSC_1990.jpg

DSC_1985_202004302223488b3.jpg


一応、5月2日にスリム水槽が届く予定です。狭くなってしまいますが、その分、黄ばみの解消にもつながると思います。20年同じ場所に重い水槽を置きっぱなしなので床への負担も軽減できると思います。



 2020_04_30


3月17日にミナミハコフグが永眠しました。健在なのは1尾になってしまいました。結局、産卵しませんでした。今までうちの水槽に居てくれて有り難う。飼育年数は5年10ヶ月程。


DSC_0625.jpg



魚とはいえ、愛着があっただけに別れは辛いです。残ったミナミハコフグも、この先、何年飼育できるか分かりませんが長期飼育できるように水槽管理をしてゆきたいと思います。





 2020_03_29



07  « 2020_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。Twitterでも更新しておりますのでご覧ください。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム