FC2ブログ



今現在、ハコフグ類はミナミハコフグとアイランドカウフィッシュの3尾を飼育しております。転職後、管理がままならなくなり、このお盆休みにスリム水槽を経たんでしまおうかと日頃から思案しておりました。それで、お盆休み前に残業や休日出勤が少なくなると会社で聞いたので(あくまでも予定)、もう少し、様子を見る事にしました。そのまま、現状維持でも良かったのですが、再飼育予定だったハコフグ類の入荷も無く、通販店のリストやネットで他のアクアリストの方々の飼育情報などを見ているうちに、ハリセンボン類を再飼育したくなってきまして、今年は、例年になくメイタイシガキフグの入荷量も多いじゃないですか?。で、思い切ってメイタイシガキフグを注文する事にしました。でも、ここから他の方とちょっと違うというか、どうせ飼うなら「繁殖(希望的観測)」を目指そうと、相変わらず無謀な妄想で5尾水槽に入れる事にしました。運良く?在庫量も多く最初は3尾その後2尾を追加しました。

更に欲が出て?。前々から気になっていた。禁断の温帯性(どちらかというと寒水性?)のオーストラリア南部海域に棲むハリセンボンの仲間を、迷いに迷って上手く行っても短命になっても最初で最後の購入と決め注文してしまいました。



DSC_6730.jpg

今回は、発泡スチロールが厚みが薄くなったのかメイタイシガキフグの入っていた箱だけが、二回とも割れていました。水漏れしていなかったから良かったのですが……。

巻貝はコイソガイ、クマノコガイ、シッタカ(シリダカ)などが居ますが、今回もシッタカ10匹を注文、他にマガキガイSサイズを注文。前回はLサイズだったかな?、全滅。水温が高かったのか餌の問題?。巻貝も一匹のみ生存。


DSC_6728_201808161428358db.jpg

DSC_6750.jpg


DSC_6753_20180816142920107.jpg


餌付かない場合を考慮して、他の生体と一緒に活エビも注文してみました。が、注文時の在庫がSサイズしか無かったので、そのSサイズを30匹注文。ここまでは、良かった。活エビを水槽に入れるやその直後先住魚が殆ど食べてしまいました。特に反応が良かったのが、ニセモチノウオ。身体は無色透明ですが、魚達にはハッキリ分かるようで、アイランドカウフィッシュも逃げ回るエビを必死に追いかけて捕食、マルケサンバタフライも簡単に捕まえて食べてしまいました。何分、Sサイズは2センチ前後でしたので、イサザアミがちょっと大きくなった程度の大きさだったので、餌としか認識しなかったのでしょう。以前は確かMサイズだったかな?。Sサイズは失敗でした。先住魚の栄養になったので良かった?のですけど。



水温、水合わせはいつも通り。ただ、一尾ずつ梱包して頂いているのですが、一袋ずつですと可成りの手間が掛かるので、3尾をバケツにまとめて(厳密にはこの時点で水合わせになっていません)、その後はちょろちょろとチューブで自宅の飼育水をバケツに入れてゆき、ショップの飼育水を自宅の飼育水に近づけてゆきます。


DSC_6623_20180816144519efd.jpg





問題は、サザングローブフィシュ。念のため、開封直後の水温と比重を測ってみました。梱包ですが、生体はビニール袋3重梱包で保冷剤が両端に2個入り、発泡スチロール箱で梱包。更に段ボールで覆って梱包と至極ご丁寧な梱包でしたが、水温が約26℃(25.8℃)、比重が1.018~1.019の中間くらい。 緑色の網袋に入っている黒い粒はアンモニア吸着剤でしょうか?。

DSC_6734.jpg

DSC_6735.jpg

DSC_6738_20180816142839a05.jpg

DSC_6739.jpg

DSC_6740.jpg


水温と比重を測ったあとに、メイタイシガキフグ2尾をバケツに加え、水合わせ。


DSC_6742.jpg


で、
最初に入れた、3尾中、一尾(色黒い個体)が不調のようで、水槽入りしてから殆ど動きません。餌にも反応しないので比重あるいはpHショックを受けたかも知れません。ちょっと心配です。

DSC_6765.jpg

DSC_6780.jpg



他の個体達もまだ水槽に入ったばかりで、水槽馴れしていないせいもあり岩に身体を固定してジッとしている時の時間が長いのですけど、餌になると匂いに釣られてヨロっと動きだして餌を食べてくれます。


DSC_6766.jpg

DSC_6767.jpg

DSC_6774.jpg

DSC_6775.jpg

DSC_6777.jpg




メイタイシガキフグは過去、十数年前に何度か飼育経験がございまして、その時は配合飼料で飼育しておりました。当時与えていた配合飼料がテトラアロワナ、キョーリンキャットです。この二種はハリセンボン類であれば高い確率で餌付いてくれると思います。ただ、キャットは高カロリーのようで成長が早かったです。キャットの給餌は毎日ではなく少量か1~2日置きでも良いかも知れません。食べ散らかしも多いですし……。

あと、冷凍生クリルで飼育。

冷凍赤虫やホワイトシュリンプは水槽に馴れると食べてくれるかも知れません。



DSC_6650.jpg

DSC_6782.jpg

DSC_6783.jpg


テトラアロワナは浮遊性ですが、馴れると水面まで上昇して食べてくれます。ただ、やはり食べ散らかしが多いです。



今回は、サザングローブフィッシュの水槽入りという事で、本来なら適温の20℃以下、できれば16~18℃が理想なのだそうですが、この夏は24℃で乗り越えてもらい、涼しくなったらもう少し下げるかスリム水槽へ移動し、オーストラリア海域水槽化させようかと思案はしておりますけど、様子をみて決めようと思います。何分、熱帯性との混泳は難しいと分かってはいるのですけどね。

DSC_6684.jpg

DSC_6685.jpg

DSC_6686.jpg


DSC_6771.jpg

DSC_6770_201808161430275c4.jpg



DSC_6690.jpg


案の定、24℃に設定したら、エアコンのない環境では水槽が結露してしまい、水滴が滴り落ちて床がびしょ濡れになってしまい、急遽、雨戸よもどきを設置しました。コンセントタップが入っていたポリケース(箱)を何かに使えるので取って置いたのを使い、適当に加工して設置しました。水槽台か床が重みで5ミリほど傾いているので、水滴が落ちる場所が決まってるのです。


DSC_6790.jpg

DSC_6785.jpg


問題の、サザングローブフィッシュは水合わせ中から落ち着きがなく、言い方を変えると頗る元気で、水槽に入れてからも水槽内を右往左往してばかり。今日辺りは落ち着いてきた?、元気がなくなってきた?。いずれにしても、餌には反応しますがまだ食べてくれません。

出来るだけ良い環境を提供してあげたいのですけど、この先、どうなることでしょう。

期待と心配を増やしてしまいました。が、出来る限り長生きしてもらうように、努力したいと思います。




 2018_08_16


一昨日の土曜日(7/21)の夜23時30分頃、水槽の隙間から飼育水が飛水するほど、ブルーエンゼル暴れたので何事かと思い、水槽を覗くと、ブルーエンゼルの鰓から出血。鰓を閉じる度に血が噴き出ていました。何か変なモノを食べたかなとか思いながら、辺りを見回すとマルケサンバタフライが背鰭を立てたり閉じたりを繰り返していました。それを見て、出血した原因が分かりました。多分、ブルーエンゼルがマルケサンバタフライを威嚇したが、それにマルケサンが背鰭を立てて応戦し、運悪くブルーエンゼルの鰓に背鰭が突き刺さってしまったのでしょう。それにしても、鰓蓋を動かすたびに血液が煙幕のように飼育水に散ってゆくので、忽ち飼育水が血液でスキマーも過剰に泡立つくらい濁ってしまいました。このまま流血が止まらなければブルーエンゼルが死んでしまうと思いながらも、何もする事もできず、様子を見守っていましたが、数分後には止血したようで鰓から血液も出なくなりました。が、しかし、ブルーエンゼルは貧血になってしまったのか、眼の瞳孔も丸くなり放心状態?となってしまいました。それでも、水槽の隅っこに行ってしまいましたが横たわることもなく、泳いでいたので一命をとりとめたようで安心しました。

DSC_6589.jpg

DSC_6590.jpg

DSC_6591.jpg

DSC_6593.jpg

DSC_6595.jpg

DSC_6602.jpg

飼育水の濁りは一時間くらいで取れ、翌朝には体調を崩しているかもしれないと思いましたが、何時もと変わりなく泳いでいました。それにしても傷の深さにもよるのだと思いますが、傷口が浅くて早く塞がったのか白血球が凝固?するのが早かったのか止血するのが早く魚の治癒能力には驚きました。

狭い水槽の中では、毎日何が起こるか分かりませんね。






 2018_07_23


今日は、連休だったので、最近気になっていた岩組を一部変えてみました。今までは、魚の習性を考慮しながらも、どちらかというと岩組は見栄え良くとか格好良く、変化を付けて重ねていました。ここ半年くらいブルーエンゼルが隅っこの方に居るようになり、一時は拒食気味になっていました。しかも、上層に行くと背鰭が水面から出てしまうようになっていましたので、思い切って上に重ねてあった岩を取り除く事にしました。取り除くと平坦になるのですが、ニセモチノウオは隙間移動を好むので、小さめの岩を一つ乗せて様子を見ることにしましたが、小さい岩とはいえブルーエンゼルにとっては障害物だったようで、その岩を避ける為に鰭が水面に出てしまうのでした。結局、魚が泳ぎやすいなら平坦でも良いかなって事で小さい岩も取り除き、その結果、ブルーエンゼルは何時も水槽の真ん中に陣取って?居るようになりました。大型ヤッコは背高がある種も多いので、特に岩組をする場合は水槽の高さも60センチくらいあった方が良いのだろうなと感じました。取り除いた岩はスリム水槽へ移しましたが、逆にスリム水槽の方が狭くなった感じなので余ったものは軒下へ。

DSC_6512.jpg

DSC_6511.jpg

DSC_6510.jpg

DSC_6533.jpg

DSC_6517.jpg

DSC_6513.jpg

DSC_6536.jpg

DSC_6587.jpg

DSC_6586.jpg

DSC_6585.jpg

DSC_6578.jpg

DSC_6572.jpg

DSC_6579.jpg

DSC_6581.jpg

DSC_6536.jpg

DSC_6498.jpg



東アフリカ産ミナミハコフグは元気ですが、毎朝、水面をバタつかせる個体は時々もう一尾の方に攻撃されて居るのを目撃しまして、どうやら、水面をバタつかせる原因は餌欲しさではなく、攻撃されて逃げ場が無いゆえの行為動作のようです。90センチ規格水槽に戻してあげたい気持ちもありますが、入れたら入れたで今度はアイランドカウフィッシュが攻撃されてしまうので、移してあげる訳にもゆきません。


DSC_6489.jpg

DSC_6492.jpg

DSC_6484.jpg

DSC_6481_2018071620422803e.jpg

DSC_6430.jpg

DSC_6431.jpg



週一でアサリを与えています。が、90センチ規格水槽の方はブルーエンゼルがほぼ全部食べてしまうので、今は、スリム水槽のミナミハコフグとミドリフグだけにしています。


DSC_6495.jpg

DSC_6494.jpg

DSC_6428.jpg

DSC_6564.jpg

DSC_6562.jpg

DSC_6558.jpg

DSC_6555.jpg

DSC_6554.jpg

DSC_6551.jpg

DSC_6550.jpg

DSC_6549.jpg

DSC_6546.jpg


大きいミドリフグはアサリを入れるとむしり取るように豪快に食べ、少し離れたその隙を狙って小さいミドリフグ達が食いつきます。特にいちばん小さいミドリフグは、常に大きいミドリフグの背後に距離を置きおこぼれを貰おうとしているところが、なんとも健気で可愛いです。

換水頻度を減らしている為に、90センチ規格水槽の方は黄ばみが強くなっているのが少々気になるところですが、換水頻度の回数を少しでも増やしこの夏の暑さを乗り切りたいと思っております。が、なにしろ、飼い主の私がこの猛暑で可成りバテ気味なのですから……。





 2018_07_16


順調に飼育できるかと思っていましたが、結局、クロハコフグのメスも亡くなってしまいました。やはり、クロハコフグの場合は飼育水で発生する有害成分は無縁にすること、水温、比重、pHの安定に加え、混泳魚など苦痛にならない環境を提供してあげないと、拒食しやすく長期飼育は難しいようです。店頭販売にしろ通販にしろ、痩せている個体が多く、身体側面がくびれていない個体を見たことがありません。飼育においても食が細く、他のハコフグ類に比べると一度の摂餌では少量しか食べません。飼育環境が良ければ沢山食べるのかもしれませんが、過去に何度か飼育してみましたが、いずれも同じ傾向にあります。他には白点虫などが僅かに寄生しても、拒食の原因になるようです。


DSC_6272.jpg

DSC_6269.jpg

DSC_6274.jpg

DSC_6275.jpg

DSC_6302_201806241652359fa.jpg

DSC_6303_20180624165236aad.jpg

DSC_6304_20180624165238da6.jpg

DSC_6305_2018062416523915f.jpg

DSC_6309.jpg

DSC_6311_20180624165242fc2.jpg

体調が急変するのも早く、治療するとか回復させる余地を与えてもらえません。絶食してしまうと、時間とともに体調の悪化が早く数時間後には危篤状態になってしまうようです。そもそも、クロハコフグは岩礁や珊瑚礁など潮通りが良く、清らかな良い環境に生息しているハコフグなのでしょうから、そういうハコフグが目まぐるしく変化する家庭用小型水槽の環境に順応するのは難しいのでしょう。

また、機会があればオスやメスともに飼育挑戦してみたいとは思いますが、クロハコフグを単独飼育し、苦痛を与えずに飼育できる環境を提供できそうもないので、暫くはクロハコフグの飼育は控えるしかなさそうです。



 2018_06_24


突然ではありますが、今夜(日付が変わりましたが6月6日)、クロハコフグのオスが亡くなりました。配合飼料も食べたって喜んでいたのですが、翌朝の給餌では僅かしか食べず、その日の夜には拒食してしまいました。クロハコフグのオスはメス以上に環境順応に敏感のようで、苦痛があると即日体調を崩してしまうようです。クロハコフグのオスは単独飼育か全く干渉しない魚との混泳だと、上手く飼えるのかもしれません。元気な個体であれば、餌をしっかり食べる事が分かりましたので、また、機会を見計らって今度は単独飼育で挑戦してみようと思っております。

で、問題は粘液毒の放出なのですが。

帰宅すると、呼吸が荒く右往左往していたのですが、20時40分頃に突然危篤状態となり、これはマズイと思い息があるうちに引き上げましたが、時すでに遅しで粘液毒を出してしまったようです。飼育水は白濁しませんでしたし、混泳魚も死ななかったのですけどスキマーが泡立ちが酷くなり、粘液毒を出した事が分かりましたので即、50リットル換水。水量とオスがそれ程大きくなかったし、何より私が帰宅してから亡くなったのが幸いだったのでしょうか、混泳魚の悪影響がなかったのが不幸中の幸いです。日中、亡くなって居たらと思うとゾッとします。


DSC_6024.jpg

DSC_6029.jpg

DSC_6032.jpg

DSC_6033.jpg

DSC_6034.jpg

DSC_6037.jpg

しかし、

スキマーの過剰な泡立ちも治まりましたから、大丈夫だとはおもいますが、ブルーエンゼルが元気ありません。

朝起きて水槽を覗いてみたら、全滅していたらと思うと翌朝が怖い。



 2018_06_07



07  « 2018_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム