キッスの嵐?

Category: 雑記  

うちのハコフグ達もガラス面にチュッチュと吸い付きをして餌をせがみます。水槽の中に手を入れると、間違いなく吸い付かれてキスマークが付いてしまいます。藻掃除をする時にも吸い付いてきますからね。

DSC_2573.jpg

DSC_2574_20170326220849689.jpg

DSC_2575.jpg

DSC_2579.jpg

DSC_2576.jpg

DSC_2580.jpg

DSC_2583.jpg

DSC_2585.jpg

DSC_2586.jpg

DSC_2587.jpg

DSC_2591.jpg

DSC_2595.jpg

どの子も濃厚すぎる。

DSC_2603.jpg

スクラウドくんとラクダくんも一緒にチュ~。

DSC_2613.jpg

DSC_2617.jpg

DSC_2619.jpg

DSC_2621_2017032622222542e.jpg

ブルーエンゼルはどこ吹く風で通り過ぎてゆきます。


DSC_2606.jpg

レティキュレイトのチュ~も可愛いです。

DSC_2607.jpg

もちろんコンゴウくんも。

DSC_2609.jpg

極め付けはコンゴウくんの鰭バタバタ水吹き攻撃。

餌欲しさに勢い余ってガラス面に吸い付いているのですが、見ているととても可愛いです。

ハコフグならではの光景でした。



マイペース型のアイランド牛くんは乗ってきませんでした。



 2017_03_26


レティキュレイトボックスを我が家に迎えてから最初の個体が5ヶ月、後に入れた個体が4ヶ月経過しました。水槽に入れた当時は身体に白点で覆われましたが、日に日に減少して肌荒れも治り綺麗になりました。餌はホワイトシュリンプ、赤虫、アサリそして時々ブラインシュリンプ(各冷凍餌)を与えております。配合飼料は食べません。食べなくても成長しておりますので、敢えて餌付けはしません。過去のハコフグ飼育では配合飼料に餌付けなければならないという考えでしたが、今は無理矢理に餌付けるのではなく、天然餌を中心に与えております。やはりハコフグ達も美味しい餌を食べたいでしょうからね。コンゴウフグやアイランドカウフィッシュには配合飼料(金魚の餌)も食べるので与えています。が、時間が経っても興味も示しません。

DSC_0811_201703252101407db.jpg

DSC_2526.jpg

DSC_1192.jpg

DSC_2518.jpg


模様も水槽に入れた当時の画像と比べますと、変化している事が分かります。普段見ている分には気付かないのですが、画像を見比べてみますと結構変わっています。後から入れた個体は身体に青味が出ておりますが、オスの模様には程遠くどちらの性かは今の時点では分かりません。



DSC_2534.jpg

DSC_2542_20170325210147c0f.jpg

DSC_2545_20170325210149e64.jpg

DSC_2548.jpg

DSC_2558.jpg

DSC_2560.jpg

DSC_2563.jpg

水槽に入れて暫くは警戒心が強く岩陰などに隠れている事が多いですが、水槽に馴れると隠れる事も少なくなります。目立った喧嘩もしなくなりました。また成長過程で激しい喧嘩をする事もあるかもしれません。警戒心が薄れたといっても本能的に辺りを見わたす仕草や動作は、他のハコフグ達よりも辺りを気にしている様子です。

レティキュレイトボックスは、あと4尾ほど入れたいのですが、入れれば入れたで生体バランスが崩れる可能性もありますし、ここまま2尾で飼育して長期飼育だけを目指すか、ちょっと迷っております。ショップでも通販リストには1尾ずつしか掲載しないので、複数在庫ありのタイミングを見計らっております。急がずゆっくり検討したいと思います。



 2017_03_25


先日、巻貝(コイソガイ)を両水槽に入れました。数日後には巻貝がひっくり返っている光景を目にします。フグ目の魚を飼うと日常茶飯事といいますか、飼育下の常であり、長年の悩みなのです。フグ目は甲殻類や貝類、小生物を捕食して生きて居るのでひっくり返されてしまいます。で、ひっくり返ったまま1日程もすると死んでしまう貝も居ます。みつけ次第、起こしてあげるのですが、放置されたまま気付いてから起こしてあげても手遅れになっている貝が多い。マガキガイなんかは自力で起きあがれますが、シッタカ、コイソガイ、クマノコガイなどの貝はひっくり返った状態、場所によっては自力で起き上がれません。


DSC_2510.jpg


手前のガラスの藻を食べてもらう為に入れたのに戦力になっていません。あと、気になるのが、皆さん巻貝購入時にはしっかりと水合わせをしてから水槽に入れて居ますか?。飼育水が入っている場合は水合わせできますが、ショップによっては梱包袋にショップの飼育水がほんの僅かしか入っていない状態で送られて来る場合もあります。意外と水質変化には水温、pH変動には敏感なようです。

せっかく入れるので長生きさせたいのでが。

なにか良い方法を考えないと……。



 2017_03_25


甲羅で覆われたコンゴウフグですが、動く部位が限られています。眼、口、鰓、鰭が動くのは知れているところです。コンゴウフグを飼った事のある方々であればご存じかと思いますけど、側面の一部に亀裂があり、その部位が伸び縮みするようになっております。沢山食べた時や産卵時などは側面が膨らみやすいように甲羅が作らているようです。


DSC_2507.jpg

DSC_2489_201703201619355ad.jpg

沢山摂餌した後は白線で囲った部位が開きます。甲羅の下には膜があります。

DSC_2499_20170320161939143.jpg

DSC_2492.jpg

数十分後には食べたものが腸内を移動するのか、消化されるのか開いた亀裂が閉じてしまいます。


DSC_2495.jpg

DSC_2504.jpg

前から見ると側面の甲羅が膨らんでいるのが分かります。

ハコフグやミナミハコフグも同じように側面に亀裂が入る事が確認できますが、全てのハコフグに同じ様に亀裂が入るかは定かではありません。水槽下で飼育している分には沢山摂餌しても側面に亀裂が入らない種もいます。もっと大きくなると確認できるのかも知れません。


DSC_2501.jpg

レティキュレイトも沢山食べるようになりましたが、側面が窪んだままです。


ハコフグ達を観察していると、とても面白いです。




 2017_03_20

貫禄

Category: コンゴウフグ  

90センチスリム水槽の仕切り板を外して様子見をしておりましたが、その後、若コンゴウとも距離を置きながら相手を干渉する事も殆ど無くなりました。ただ、餌を食べる時には追い払ったりする事もあります。同性なのかな?。このコンゴウフグは成魚になってもオスメスの顕著な違いが外見からは分かりません。産卵するメスは側面と腹部が膨らむのでメスという事がおおよそ分かるくらい。

まだ、オレンジ色斑が出ておりません。

口の周りの髭(黒いヒダ)も肥大しておりません。



DSC_2476_20170319193033c44.jpg
なんとも男前?。美魚?。おまえはどっちだ?。

だんだんと顔つきにも貫禄が出て来ました。

DSC_2480_20170319193034d93.jpg

DSC_2482_20170319193035a4f.jpg

幼魚も可愛いですが、成魚は貫禄があって格好良く見えます。


DSC_2475.jpg

DSC_2484.jpg

DSC_2487_201703191930385ec.jpg

今は、20センチ超えたくらいです。120センチ水槽で飼育していた時の個体は27センチ程でしたが、狭い90センチスリム水槽での飼育はどうでしょうか。せめて25センチくらいには成長して欲しい。

大きくなれよ!。




 2017_03_19



02  « 2017_03 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム