FC2ブログ



今年も、もうすぐ5月。ラクダハコフグの入荷シーズンです。今年は海の水温も例年よりも高いのか2月頃から、入荷が始まりました。7月頃まで幼魚の入荷は続きます。若魚や成魚の入荷は殆どありませんが、神奈川県の老舗ショップでは、年に数回大き目な個体が入荷されることが有ります。今頃の季節だと夜間は10℃前後まで下がりますが、5月くらいまでは各ショップで保温材を入れて出荷してくれますので、通販での購入では個人的には理想かなと思います。魚類の生体は昨年は一度も購入しなかったので、一年半くらいぶりの生体導入かなと思います。ラクダハコフグの入荷ラッシュという事で、大阪と神奈川、群馬の三店舗からそれぞれ生体を久しぶりに購入しました。群馬県にあるペットショップ量販店からは冷凍飼料や藻取り巻貝とラクダではなくヒョウンモンハコフグ(和名)を注文。仕事も忙しく、水槽管理もままならない状態ではありますが、仕事でストレスも溜まっているので、好きなハコフグ類を眺めて和みたいと思っています。ちょっと気になるのが多きめなラクダが餌を食べてくれるかなという心配もありますが、今年は海水魚飼育にも力を入れようと思っている次第です。

DSC_0668.jpg

DSC_0671.jpg

DSC_0673.jpg

DSC_0674.jpg

DSC_0675.jpg

DSC_0686.jpg

DSC_0678.jpg

DSC_0682_202404220235187a4.jpg

DSC_0685.jpg

DSC_0689.jpg



DSC_0659_2024042202350505b.jpg

DSC_0661.jpg

DSC_0660.jpg

DSC_0693.jpg

ご覧のように水槽が、藻だらけなので巻貝を30匹注文しました。藻は剥ぎ取る事も出来ますが、付着が酷いので巻貝に食べてもらおうと各水槽に10匹ずつ入れました。次回の投稿まで綺麗になっていると良いのですが。コンゴウフグの居る水槽に入れていた岩を取り出して、向かいに設置している水槽へ移動させました。コンゴウフグも岩が無くなった事で餌も食べやすくなるでしょう。

今現在、4本有るスリム水槽の内、1本を畳もうか思案中。畳むとすると大型連休中かな。


 2024_04_22


DSC_7850 nenga

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

昨年も更新すると言いつつ、まったく更新しませんでした。
ハコフグ類は飼っていますが、水槽も小さくなったので、
いまいちやる気が半減しています。

なんとかやる気を出してハコフグ飼育を継続して行けたらと思っております。

気が向いたら更新するかも知れません。

 2024_01_01


暫くブログを放置しておりましたが、今年は活用してゆきたいと思います(三日坊主で終わりそうだけど)。昨年は夏以降負の連鎖続きで、特に12月になってから大きいコンゴウフグの居る水槽で混泳によるストレスでしょうか?。テングハコフグ、アイランドカウフィッシュ、ラクダハコフグが不調や事故により死なせてしまいました。テングハコフグは粘液毒を出したのかカクレクマノミ2尾とシマキンチャクフグをも巻き添えにしてしまいました。水槽内のストレス?とはいえ、私の管理不足も大きな原因になっていたと思います。飼うならしっかり管理するべきであり、管理できないのではれば飼育をやめた方が良いと反省しております。


DSC_0389.jpg

DSC_0391.jpg

DSC_0392.jpg

DSC_0395_20230102171206448.jpg

DSC_0398.jpg

現在はコンゴウフグ1尾となってしまいました。暫くは単独飼育してゆきたいと思います。私の性格上賑やかな方が好きなので、ついつい混泳させてしまいます。魚達にとっては至極迷惑だと思います。特に海水魚達は淡水魚よりも縄張り意識が強いですから。繁殖の夢もありますけど最初から同種を混泳させるよりも、成長してからお見合いさせた方が良いのかなという気持ちもあります。水槽下で産卵事例のある飼育を参照させて頂いていますが、やはり長期飼育をしている方が多いので、まずは長期飼育が第一歩と改めて痛感しております。その長期飼育も成就できていないのですから、まったく話になりません。



 2023_01_02

謹賀新年

Category: 未分類  

DSC_0388-1_20230101000649778.jpg


この一年が皆様の海水魚達にとって元気で素晴らしい
良い年になりますようお祈り致します。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


 2023_01_01


先日投稿した近況の翌日(実際は撮影したのが投稿の数日前)に、突然テングハコフグが体調を崩して、寝て起きて水槽を確認すると底に落ちていました。体表は綺麗だったので臨終間もないと思い即座にテングハコフグの亡骸を引き上げました。その時点ではカクレクマノミ2尾とシマキンチャクフグは生きていました。いつも通りに出勤前に給餌して会社へ。引き上げて時点で生きていたから特に心配する事も無く仕事を終え帰宅してから、水槽を確認するとまさかの光景でした。カクレクマノミは2尾で仲良くしていたし、シマキンチャクフグも順調に飼育できていたので可成り愕然としてしまいました。シマキンチャクフグは自らが毒を持っているのですが、毒の成分が違う為かハコフグの粘液毒には耐性が無かったようです。


DSC_0298.jpg

DSC_0299.jpg

DSC_0301.jpg

DSC_0300.jpg

特に水面が泡立っていた訳でもなく飼育水が白濁していた訳でもありませんでしたが、大量に毒を放出したほどでもなかったのかラクダハコフグと大きいコンゴウフグは何事も無かったように泳いでいました。亡くなったテングハコフグに虐められて瀕死状態になったテングハコフグは、別水槽へ避難させて幸いにも回復をして今では頗る元気になったのに、虐めていた方が亡くなってしまうとは思いもしませんでした。ただ、亡くなったテングハコフグは配合飼料は食べませんでしたから栄養失調かなとも思います。今思えば、出勤前に給餌せずに行けば良かったのか、粘液毒を含んだ飼育水が配合飼料に染み込んで、それを食べて死んでしまったのかもとか思ったり。でも、それは無いか。ラクダハコフグとコンゴウフグは生きているし。

ハコフグ飼育では、このような事例もあるという事でした。




 2022_12_18



04  « 2024_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

箱福

Author:箱福
転職を境に一旦ハコフグ飼育を休止しましたが、ハコフグ飼育の再開を機にブログを始めました。不定期更新ですが、どうぞ宜しくお願い致します。病気を発症させない飼育、薬剤に頼らない飼育を目指し、ハコフグ類の水槽内繁殖の夢みて、奮闘中。Twitterでも更新しておりますのでご覧ください。

アクセスカウンター

QRコード

QR

検索フォーム